いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バストアップと綺麗なデコルテライン
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_599616089.jpg

デコルテラインは女性にとって綺麗に魅せる大事な部分ですが、

猫背姿勢で、肩が内向きになって、上部肋骨が落ち込んでる女性を

よく見かけます。

上部肋骨が落ち込むとバストの位置が下がる。

肩上部が盛り上がる

肩幅が広く見える。

腕のラインが太くなる

といった、部分にも影響が出てきます。

先日RRRの勉強会で

肩関節、股関節について深く学びました。

早速、胸郭、肩甲骨、肩関節の連動エクササイズを

レッスンに入れてみると、わ~胸が張りやすい

デコルテラインがスッと開いた感じ

など、変化を実感していただけました。

普段から、胸郭の可動性と肩甲骨の可動性を上げるエクササイズを

ツールを使って(Cradle、Lips)行っているので、

肩関節との連動した動きがスムーズにいったことで

すぐに変化を実感していただけたのだと思います



デコルテライン、背中、二の腕、肩周辺などが気になる場合は、

激しいエクササイズよりも、関節の動きを高めて安定に働くインナーマッスル

の強化エクササイズを、まず行っていくことが大事かと思います。



体験レッスンしております。


RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

Body make studio Bonita Junko Sato







太ももシェイプ!
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_87746179.jpg

ほっそりした太ももづくりエクササイズを日々考えております

内もものたるみ
横や前の張り出し
お尻が下がって太もも後ろに筋肉が無い


など、気になる部分は色々とありますね。

太ももを引締めていくには

股関節の安定に働く筋肉の強化が必須となります。

必要な筋肉の収縮感覚をしっかりだして、鍛える事が大事なのです。

股関節を支えている筋肉のバランスが悪くなることで太もも横が

張り出しているケースが多いからです。


数日前

体験レッスンにお越しいただいたSさまが

なるほど~そうやったんか~納得しました

と、喜んでおられました。

Aさまは、以前から何度かパーソナルトレーニングをお受けになられたことが、おありだったようです。

でも思うような結果に繋がらなかったそうです。

なぜだろ~と思われていたことが、今回の体験レッスンで、解決したようでした


体重を落とす目的のトレーニングとスタイルアップ目的のトレーニングは

内容が違ったりする場合があるので、

トレーナーに、身体の気になる部分を伝えると良いと思います。

IMG_5081.jpg
私はエクササイズ以外にウォーキングで脂肪燃焼も行います。
健康的にスタイルアップするには、日常生活で、エクササイズを習慣にすることが重要です。

体験レッスンしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

Body make studio Bonita Junko Sato
























デコルテラインとお首ライン
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_743655118.jpg

ウェディングドレスを綺麗に着るには、

すっと伸びたお首とデコルテラインが大事ですね。

もちろん背中が丸いと台無しです。

背中が丸く、お顔が前に出ていると、綺麗に見えないので、

しっかり胸が張れるように、背骨の可動性を高め、強化する必要があります。

肩が内側に向いていたら、肩関節の筋肉バランスを整えることも必要となります。

そして頭を支える筋肉の強化も重要なので、

とにかく、良い位置に戻してあげないといけないのです。


前撮りがあるからと、お見えになったAさまから

先日、

首のラインが以前と全然違って良くなってる

肩の内向きも良くなって、デコルテラインが綺麗になってる

と喜んでいただいてました。

元々、スリムな方なので、綺麗なラインになられたら

ウェディングドレス姿が綺麗だろうな~とイメージしていました

撮影までの期間が短かかったので、どこまで変化されるかな~

と思っていたのですが、

ご本人もお家で、お伝えしたエクササイズをがんばっておられた結果!

喜んでいただけるまでになられてホッとしております



身体の硬さや、反応などは、年齢や個人差がありますが、

せっかくドレスを着るのですから、

体重を落とすことばかり考えず、

姿勢を整えることも忘れないでくださいね。



RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

Body make studio Bonita Junko Sato








くびれ、ヒップ、太もも、二の腕など、ボディメイクの全てに必要なのは。
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_257157913.jpg

ボディメイクトレーニングを進めるのに注意したい点があります。

それは、食事制限をし過ぎてのトレーニングです。

炭水化物を抜いて、トレーニングをする方がおられますが、

身体づくりのプロや長年トレーニングを続けてる方なら、

自分の体の反応を見て、日常的に調整をし、

身体で起こる化学反応を理解した上で、行っておられるので、

自分の理想的な身体をつくり、維持ができるのです。

でも、

運動経験のない方が、突然同じ食事方法とトレーニングをすると

身体は驚いてしまいます。

思っている結果につながないこともあるので、注意が必要なのです。



細胞の材料をしっかりと摂取する。

脂肪燃焼のスイッチの材料を摂取する

筋肉の材料でもあるコラーゲンの材料を摂取する

脳のエネルギー源となる材料の摂取のコントロール

女性ホルモンの材料の摂取

などなど、身体に必要な栄養と働きの基礎的な部分を知ることも大事となります。

健康的に綺麗を目指したいですね

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

Body make studio Bonita Junko Sato


体験レッスンあります。








脇下のたるみ 
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_365778893.jpg

GW中はお天気の良い日も多く、半袖で過ごしている方も多く見られましたね。

そこで、気になるのが、脇下のたるみや二の腕のたるみ

たるみがおこる原因の1つに、猫背姿勢があります。


なんで猫背姿勢でたるむの?

猫背姿勢では、背中を丸めて、肩が内側に向いている状態なので、

正しく骨格ラインを保つための筋肉のバランスが悪くなります。

背中側の筋肉は長く弱く

胸側の筋肉は短く弱く

どちらも、長さを変えて弱くなります。

胸側の筋肉で、肩甲骨裏と肋骨(アンダーバスト辺り)に付着している筋肉がありますが、

その筋肉が、衰えると、脇下にたるみが出来てしまいます。


エクササイズでは、この筋肉をしっかりと動かすことが大事となります。

前鋸筋という筋肉です。

この筋肉は、肩甲骨の動きに関わる筋肉なので、

肩甲骨のエクササイズを取り入れます。

簡単エクササイズをマイベストプロにアップしましたので、

良かったら見てください

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

Body make studio Bonita Junko sato

体験レッスンしております。