いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今年もBonitaへお越し頂きましてありがとうございました。          
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です

今年も沢山のお客様にお越しいただけました事、大変嬉しく感謝しております。

shutterstock_63285382.jpg


身体づくりの事ばかり考えていて、世の中の流れに全くうとく、
トレーニングがブームだったことを今年の後半になって知りました(笑)

美ボディメイクパーソナルトレーナー12年目となりますが、
GYMで ガツガツ鍛えていた頃と同じ様な内容をしている方が多く、
そのことに驚いています。

当時、途中でガツガツ鍛えることのデメリットの多さに気付き、
身体のつくり方を見直して、解剖学知識の必要性を感じ、RRR美姿勢・美脚スペシャリストチームに
入って学びました。

ボディメイクには、骨格ラインを美しく整え、鍛えることが最も重要だということが、多くの方に伝わるように、
2017年春から、師匠であるRRR代表の石井完厚先生にお越し頂いて、セミナーを開催してきました。
2018年も引き続き、セミナーを開催して頂けることになり、私自身も知識を深めていきたいと思っています。
とても楽しみです!


姿勢が悪いままで鍛えるとどうなるか、

答えは、簡単、
スタイルは変わりません。

過去に失敗の経験があったので、職人と言われるような、細かなエクササイズを取り入れて、
Bonitaオリジナルのボディメイクトレーニングを行ってきました。(地味にコツコツと


日本人女子の“美”は美しい姿勢と柔らかな肌の質感だと思っているので、
その方の体型分類を視野に入れて、トレーニングを行っております。
綺麗、可愛い、かっこいい、セクシーなど、イメージしながらトレーニングをしています(笑)

体重減は、食事もとても重要となることは皆さんご存知なのです。
でも、色々な情報があり過ぎて、何が良いか迷ってしまうのです。
身体をつくる材料は栄養です。その栄養に偏りがあってはいけないのです。

自分に合った食事内容を探っていくことが必要となります。
そこをしっかりとサポート出来たらと思っております。

長々となってしまいました。
すみません。

2018年も、さらに綺麗な姿勢でスタイルアップを目指していただけるように、
効果的なエクササイズプログラムを考えていきます(^_-)-☆

どうぞ、2918年もBonitaを宜しくお願い申し上げます。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト Junko Sato





お正月太りに気を付けたいですね(^_-)-☆
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_106530437.jpg

毎年お正月太りしてしまって…
若い頃は、しばらくしたら戻っていたのに…
最近、戻らなくて~

と、毎年言ってませんか~

お正月に気を付けたい食事について書くことにします。

何が身体の脂肪となるかは、押さえておく必要がありますね

中心となるのが、果糖と必要以上に摂り過ぎたぶどう糖なので、ここを

コントロールです

お砂糖は果糖とぶどう糖でできているので、

おせち料理でお砂糖を使っている物や、戴き物のスイーツなどを食べる時は、

食べ過ぎないように注意しましょう。

お正月と言えば おもち ですよね。
2,3個くらいあっという間に食べれてしまいますからね~

おもちに含まれるぶどう糖の量を調べてみました。
例えばさとうの切り餅ぐらいの大きさ(50g)で約26gのぶどう糖が含まれています。

ごはん100gで36gのぶどう糖が含まれています。
大人用のお茶碗1杯でだいたい150g(約54g)位なので、小餅なら2個位は大丈夫かな…

その他のお料理で炭水化物を食べると思うので、
1回の食事でどの位の炭水化物を摂取するかが重要なのですね。

お肉をいっぱい食べても太らないので、たんぱく質は気にしなくても良いですが、
すき焼きはお砂糖たっぷりなので、炭水化物の摂り過ぎにならないように、
他の食べ物の量の調整が必要になりますね。


ぶどう糖は脳のエネルギー源ですし、細胞の材料など、その他にも働きがありますから、
カットしすぎても良くないのです。。不足すると身体は何とかやりくりをしますが…良いことではないです。
基礎代謝で使われるぶどう糖の量は1日約120gと言われています。

自分の身体に合った炭水化物を摂り過ぎない、不足しないが大事なのですね~
難しい~でも、なれると調整できます

せっかくのお正月、美味しく食べて

お正月が終わったら、エクササイズをして燃焼させれば良いですかね(笑)

少々食べ過ぎても直ぐに燃焼できる身体づくりをすることも大事ですね

来年はエクササイズをして、美しい姿勢でスタイルアップしたいと思っておられましたら

是非、ご連絡くださいませ。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato








くびれ、下腹ポッコリ解消に毎日したい筋肉の収縮
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です。
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

w621_largej.jpg

年末年始は、食事量が増えてしまう方が多いと思います。
しっかりと筋肉を強化したいところですね!

くびれ、下腹を凹ませるのに鍛えたい筋肉がいくつかありますが、
骨盤の安定に働く筋肉は、収縮感覚をしっかりと出すことが大事となります。

インナーユニットと呼ばれます(骨盤底筋群、腹横筋、横隔膜)

毎日数分間、これらの筋肉の収縮を行うことで徐々に強化されていきます。

毎日、私が必ず行う筋肉収縮を動画にアップしましたので、

よかったらマイベストプロを見てくださいね

筋肉を強化するには、筋肉の収縮を意識して繰り返し行うことが必要です。

とても地味ですが、骨格ラインから整えていかなければ、姿勢は変えることが出来ませんし、

姿勢が悪いままで鍛えても、スタイルは変わりません。

女性のボディメイクは解剖学的視点が必要となると思います。


体験レッスンしております。
ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato

IMG_3154.jpg
立っている時はいつも腹横筋を軽く収縮しております(笑)


内もも・裏内ももを引締めなくちゃ(^_-)-☆
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_252161638.jpg

太ももを引締めたい女性は多いと思います。

太もも横の筋肉太りを気にしている方もいれば、内ももを気にしている方もおられると思います。


内もも、裏内ももを引締めるには内転筋の強化が必要となります。

img-47-6.jpg
これらの筋肉を鍛えていきます。

伸張からの収縮運動を入れたり、短縮位での収縮運動をいれたりと

色々なエクササイズパターンをするのが大事となります。

スクワットであれば、ワイドスクワットで内ももをしっかり伸ばすように屈曲したり、

サイドランジでも深くお尻を下げるなど、しっかり伸ばして戻る動きを入れるのも良いです。

これは、関節の可動域が十分でなければできないので、関節の可動性を高めることや

筋肉の柔軟性を高めることも大事となります。

また、筋肉層、脂肪層、皮膚層の癒着が太もも引締めの邪魔となるので、

ストレッチやマッサージ(つまむ系)をするなども大事かと思います。


内転筋群で恥骨筋は骨盤の安定にも働く筋肉なので、

恥骨筋の収縮感覚をしっかり出すこは大事となります。

大内転筋は、股関節伸展の時にしっかり働いてくれるので、歩く時に後ろ足の大内転筋が

使われる感覚がでると最高です(笑)

と、いった感じで、内もも引き締めにも、色々なエクササイズパターンで鍛えることが

必要となります。


すみません。ちょっと伝わりにくかったですね

体験レッスンしております。

ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita Junko Sato







小尻・ヒップアップ
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_265076276.jpg

お尻、太ももは、女性が変えたい身体のパーツの中でも上位ですよね!

ほとんどの日本人女性の仙骨の角度と外国人の仙骨の角度は、

10~15度の差があるので、それだけでもお尻のトップがかわるのです…(笑)


元々持っている骨格は変えることはできませんが、弱い筋肉を強化することで

お尻のラインは変わっていきます。


エクササイズをする時には、股関節の働きを高めるエクササイズを入れることが大事となります。

お尻筋のそれぞれの働きに合わせてエクササイズを組み合わせていきます。

スクワットをしてもお尻のラインが変わらないという方は、

お尻のインナーマッスルを先に強化することが必要となります。

スクワットは大殿筋(アウターマッスル)をメインに鍛えるので、ボリュームをつけたり

ぐっと引き上げるのに必要なエクササイズですが、

骨盤、股関節の骨格ラインが整っていないと、思うように効果が出ません。




先日のミス・ブライダルコンテストでご一緒した、

岡山でピラティスのインストラクターをされているMikaさんが

トレーニングに来てくれはりました

お尻づくりの悩みにお答え出来てよかったです!

がんばる回数も大事です

IMG_9297.jpg
きび団子いただきました

きび団子美味しいですね

小さなきび団子をお昼ごはんの後に1つおやつに食べます。

日持ちする物は、一気に食べないようにしています。


体験レッスンしております。 ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato