fc2ブログ
練馬区大泉学園で女性限定出張パーソナルトレーニング!女性のための美ボディメイク
プロフィール

JunkoTakahashi

Author:JunkoTakahashi
京都烏丸で16年間、多くの女性に美ボディメイクパーソナルトレーニングを行ってきました。現在は、練馬区大泉学園エリアを中心に出張パーソナルトレーニングと京都の方を中心にオンラインレッスンを行っております。16年間で得た知識と経験とでお家エクササイズの効果をグンと上げる方法をBlogでも紹介しております。
いくつになってもおしゃれを楽しみたい女性に必要なのは美しい姿勢を保つための筋肉強化です。年齢とともに衰える筋肉をしっかり強化していきましょう!

美ボディメイクパーソナルトレーナー Junko Takahashi49歳

最近の記事
RSSフィード
リンク
ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです。

優しいトレーニングで姿勢を整えスタイルアップ
shutterstock_1916632538.jpg

今年50歳になるのですが

痩せるとうことよりも

どれだけ骨格ラインを

良い状態で保つかが大事だと思っております。

年齢とともに姿勢を維持する筋力も衰えてきます。

姿勢の崩れは、体形の崩れになりますし、

身体の機能的な面では

骨格のゆがみが、痛みや違和感の原因となります。

固くなった、関節の柔軟性を上げて

身体のゆがみを整えることが

40代以降のトレーニングには重要だと思います。

そこで!

優しいトレーニングを

Instagramで紹介し始めましたので

よかったら見てください。

パーソナルトレーニングで行うエクササイズ内容の一部を

載せています。

実際は、お一人お一人の姿勢を見させていただき

エクササイズを組み合わせていくのですが、

お家でのエクササイズに取り入れていただきやすい内容を

載せております。

junkotakahashi308で検索してみてください

フォローよろしくお願いします

大泉学園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。

HPBonita Junko Takahashi
明けましておめでとうございます。

ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです。

身体のゆがみを整えて美しい姿勢とスタイルアップ

shutterstock_630899864.jpg

今日からお仕事始めです。

年末年始も、ほぼいつもと変わらない生活をしておりました((笑)

今年も、

年齢とともに衰える姿勢維持筋力と日常の動作による

身体のゆがみから起こる、体形の崩れについて、

一人でも多くの女性のお役にたてるよう頑張りたいと思っており。



今年こそ、姿勢に気を付けよう!と思っておられる方も多いと思います。

丸くなった背中を伸ばして、姿勢を意識することはとても大事ですが、

長い時間、丸くなって固まった背中の関節一つ一つの可動性を上げるには

その部分と連動して動く他の部分へのエクササイズが必要となります。

例えば、猫背姿勢で起こるデコルテラインの崩れは、

背骨と肋骨の関節(肋椎関節)の可動域を大きくして

肋骨の上方回旋機能を高めることが必要となります。

固くなった関節部分の肋骨が挙上しないことで、

バストアップができず、デコルテラインを整えることが出来ないまま

時間だけが過ぎてしまいます。

そして、その猫背姿勢は、左右均等に丸くなっていることは無く、

右に傾いていたり、右にねじれていたり、

左に傾いていたり、左にねじれていたりと

色々なゆがみが起こっていることが殆どです。

さらに、そのゆがみは、骨盤のゆがみから起こっているゆがみの場合も

多くあります。

私自身もやっぱり日常の動作や癖でゆがみはあります。

なので、1日1回は鏡に映った自分の姿勢をチェックして

います。

湯船に使って頭の位置や肋骨挙上などの調整をしたりもします。

可動性が上がれば、簡単な動きでも整えることができますから


まずは、立った時の姿勢はどうなっているか。

座った時の姿勢はどうなっているか。

を知ることから始めましょう。

ということで、次回は、そのチェックする点についてお伝えしたいと思います。


練馬区大泉学園・石神井公園エリアで女性限定出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。


HP ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashi


行っているエクササイズは、骨格ラインから美しく機能的な身体をつくる

rfcaメソッドとなります。









こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

身体のゆがみを整えて美しい姿勢&スタイルアップ

shutterstock_720114985.jpg


身体のゆがみが与える体形の崩れは、本当にスタイルを悪く見せます。

太って見えていることが多いのではないかと思います。

例えば、片側に体重を乗せる癖で、骨盤が側方にスライドしてしまって、

そのバランスをとるために、胸郭を反対側にスライドさせていたら、

その人の身体の幅は、本来の幅より広く見えてしまい、

結果、太って見える。ということに…

猫背姿勢で、胸郭が下がってしまって、

ウエスト部分が寸胴になって太って見えてしまったり。

年齢がすすむと体形が崩れるのは、

こういった、身体のゆがみが原因となっているのだと

つくづく思うのです。

その身体のゆがみは、体形の崩れだけでなく、

身体の痛みや違和感の原因となるのだから、

ますます、身体のゆがみを整えるエクササイズの重要性を感じるのです。

まだまだ勉強中の身ではありますが、

少しでも同年代の女性のお役に立てたら嬉しいな

という思いでおります。

16年間にたくさんのセミナーに参加して、多くの知識を得ました。

今は、その内容を頭の中で整理して、さらにレベルアップした内容をお伝えできるよう

がんばっております。

身体のゆがみを整えてスタイルアップを目指すエクササイズにご興味いただけたら

嬉しいです。

練馬区大泉学園・石神井公園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインでもパーソナルトレーニングを行っております。ご好評いただいております


女性限定となります。

HP パーソナルトレーナーJunko Takahashi


こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

shutterstock_87746179.jpg

ウォーキングされている方にぜひ意識していただきたいお話です。

雨が降らなければ、週4日はウォーキングをしています。

近くに大きな公園があって、ウォーキングコースになっているので、

キレイな歩き方を意識して歩いております


先日、40代前半くらいの女性が歩いておられる、後ろを歩いていたのですが、

前後に腕を振って歩いておられたので、なんであんなに大きく腕をふらはるんやろ~

と見ていたら、胸郭、肩甲骨がほとんど動いてなくて、固まったまま歩いておられたのです。

歩く時は、画像の女性のように、骨盤(わずか)、胸郭の回旋が起こり、回旋した側の肩甲骨が

後傾、内転といった動きが起こります。

なので、手が後ろ足方向に向き、正面から見ると、少しお尻に隠れる感じとなります。

本来の自然な歩き方だと、回旋した側の上部の肋骨も挙上しますが、

背骨と肋骨の関節(肋椎関節)が固くなって、肋骨、肩甲骨の可動域も

小さくなっていると、画像の女性のように、胸郭の回旋、回旋側の上部肋骨の挙上、

肩甲骨後傾、内転といった動きがとても小さくなってしまい。

ウォーキング効果が小さなものとなってしまいます。

ウォーキングの目的が、減量だとしても、身体の各パーツが連動してキレイに動けば

背中の引き締め、ウエストの引き締めといった効果が得られるのです。


なので、私はいつも上部胸郭を意識して歩いています。

上部肋骨の挙上と腕を後ろに下げる時は、反対の足方向に20度位下げる意識で

歩きます。

時々、毎日景色一緒であきない?と言われることがありますが、

植物の変化などを見るのも好きなので、あきはしませんが、

なにより歩いている時に、脚の出し方、着地点、胸郭の回旋、

肋骨の挙上、肩甲骨の動きなどを意識しながら歩いています。


歩く前に、姿勢の調整をすると、スムーズな連動で歩きやすくなり、

日常動作での姿勢改善と維持に効果的になります。

寒くなってきましたが、ウォーキングをされる時は、

是非、姿勢を意識してみてくださいませ。

大泉学園、石神井公園エリアで女性限定パーソナルトレーニングを行っております

オンラインパーソナルトレーニングも受付中です

HP Bonita Junko Takahashi




こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

shutterstock_414390961.jpg

年齢とともに消えゆくウエスト

猫背姿勢でいると、デコルテラインのお話でもお伝えしましたが、

上部肋骨が下垂してしまうのです。

その影響で下部肋骨が開いてしまい、くびれがなくなる原因となるのです。

胸郭②
上部胸郭(第1~6肋骨)下部胸郭(第7~12肋骨)

ウエストを引き締めるには、胸郭(胸椎(紫)、肋骨(緑)、胸骨(白))アライメントを

整えることが重要なポイントの1つとなります!


胸郭以外にも、骨盤の開いた状態もくびれがなくなる原因となるので、

骨盤、胸郭の両方のアプローチが必要となるのです!

今回は、骨盤と下部肋骨を引き締めるエクササイズを1つご紹介します。


上部肋骨が持ち上がると、下部肋骨は引き締まる構造となっているので、

上部肋骨を引き上げたポジションで、回旋による腹横筋の収縮で下部肋骨を引締める

エクササイズを行います。

IMG_5132.jpg

IMG_5142.jpg
上部胸郭は上下方向の動き、下部胸郭は横径の動き

上部胸郭を引き上げて固定して、下部胸郭からねじっていくように骨盤、脚を左右に動かします。

※写真では腕の位置が高いので、もう少し下げた位置の方が良いです。

上部胸郭が十分に引き上がらない場合は、

胸椎と肋骨の関節(肋椎関節)の上方回旋機能を高めるエクササイズを行います。

肋骨挙筋を鍛えることで、上部肋骨の上方回旋機能を高めて

胸郭を安定させるのですが、上部胸郭が固く可動性が低下している場合は、

可動性を高める必要があります。

そうです!

YouTubeなど動画配信でもよく見かける

この腹筋エクササイズですが、


1番のポイントは胸郭なのです。

30代、40代と年齢が進むにつれて、姿勢が悪くなり、骨格ラインが崩れていることには、

ほとんどの女性が気づかれていると思います。

今日ご紹介したエクササイズは、ウエストを引き締めるのに

効果の高いエクササイズとなります。

骨格ラインを整えてこそ効果が得られるのですね



私が行っているエクササイズは、rfcaメソッドとなります。

大泉学園、石神井公園エリアで女性限定出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。

HPBonita Junko Takahashi

rfcaメソッドは美ボディメイクパーソナルトレーナーに人気のメソッドで、

全国で多くのトレーナーが取り入れているので、

骨格ラインを整えて美しい姿勢をつくりながら引き締めていくトレーニングを

ぜひぜひ試されてください(*'▽')
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>