FC2ブログ





いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お尻と腰のたるみ解消&ヒップアップ
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!

shutterstock_111450695 (1)

お尻のたるみと骨盤上のたるみを気にしている女性は多いと思います。

筋肉は衰え、重力がかかり、どんどん下へ下へと下がってしまいますからね。

筋肉を強化して少しでも引き上げなくては…

そこで、今回はマイベストプロに動画をアップしました。

お尻下のたるみを引締めるのに効果的なエクササイズです。

狙いはお尻の大きな筋肉(大殿筋)の下部繊維ですが

このエクササイズは、骨盤上部のたるみの引締めにも効果を発揮してくれます。

お家で続けておられるクライアントさまからは、

以前よりスッキリしてきたみたい

と報告があります!

ぜひお家エクササイズに取り入れてみてくださいね

エクササイズはマイベストプロのコラムへ

IMG_8445.jpg

お尻ラインを引き上げるには、
骨盤の安定に関わる筋肉の強化が必須となります!

なので、腹筋エクササイズもしてくださいね。

今回ご紹介したエクササイズで、お尻の下の方に収縮感が無く、
筋肉が意識できない場合は、他のエクササイズで収縮感覚を引き出すことが
必要となります。
エクササイズの組み合わせも大事となります。

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム

Body make studio Bonita Junko Sato







背中・肩・デコルテのラインが綺麗な女性
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

w621_OYbT3SQ.jpg

急激な暑さに身体ついていけへ~ん 毎日汗だくです(笑)

日焼けに気を付けながらも、ノースリーブを着て過ごしております



ノースリーブを着て、肩やデコルテラインを気にしている女性も多いと思うので、

今日は、肩周辺のお話です!

肩が内側に入っている

首の付け根周辺が盛り上がっている

背中が丸い

胸の上方がペタとしている

二の腕のたるみ

といったラインの崩れを気にしている女性が多いです。

日常の動作では、腕を前に出して背中を丸くしている時間が長いので、

良い位置に保つための筋肉が弱くなってしまうのです。


多くの方が、鍛えなくちゃと気づき、エクササイズを始めると思います。

でも、どのような鍛え方をするのが良いかが大事となります。

男性の様に、筋肉もりもりでかっこいい!

を目指している女性は少ないと思います。

となると、重いダンベル持ったり、重りを上げてマシーンで

最初からガツガツ鍛えるのはNGとなります。

ラインを綺麗にしたいなら

今の、ラインを正しい位置に戻すエクササイズが必須となります

肩関節の制御に関わる筋肉の強化、肩甲骨の可動性を高める

胸郭アライメントを整えるために可動性を高める。

胸郭、肩甲骨の安定した位置で維持できる筋肉の強化

といった感じで、エクササイズを進めるのが良いかと思います。

IMG_9666.jpg

Bonitaでは、お家で出来るエクササイズを中心にお伝えしております。

変化を感じると、楽しくなってくると思います。

継続が大事となります。

効果が早く出るように、エクササイズを組み合わせをいつも考えております

Body make studio Bonita Junko Sato

美姿勢・美脚スペシャリストチーム

















太もも引締め 下半身シェイプ
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_314896133.jpg

太ももの全面が、

張り出してるみたい。

たくましく見える。


と、気にしている女性も多いと思います。

その場合のエクササイズですが、

お尻の筋肉、太もも後ろ(ハムストリング)を鍛えることが必要となります。

前後の筋肉バランスが悪くなっていることが考えられるからです。

もう一つは、股関節屈曲の役割を持っている筋肉をバランス良く鍛えることです。

股関節屈曲に働く筋肉は腸腰筋、大腿直筋、縫工筋などです。

c64bb1e1fdd8217106370cba7665a159.jpg

こ腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)は付着場所を見ても、骨

盤の安定や姿勢維持にも大事な筋肉となります。


腰骨と大腿骨の内側にくっついていて、股関節を屈曲するのに

働くのですが、腸骨筋はデスクワークなど長時間座っていることで、

縮んで硬く、弱くなっている女性も多いと言われます。

腸腰筋が弱くなると、股関節を屈曲に働く大腿直筋が

代わりにより働くことになり、太もものラインに影響するのです


太もも前が気になる方は、腹筋エクササイズも取り入れていくことが

大事となります。


Bonitaでは、Core Cradleというツールを使って、

骨盤の安定に働く筋肉や、腸腰筋を強化しています。

腹筋エクササイズは、継続が大事となります。

筋肉は、何もしなければドンドンと衰えていきますから

楽しみながら頑張りましょう 

Body make studio Bonita

Junko Sato

美姿勢・美脚スペシャリストチーム







くびれ 
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_544643785.jpg

くびれづくりで大事なポイントは、

骨盤の安定に関わる腹横筋の強化

胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の解剖学的良い位置での

下部肋骨を引締める、腹斜筋群の強化など、

腹筋エクササイズについては、私も

よくブログで紹介していますが、

今日は、

肋骨下部を引締める働きを持つ筋肉で

背中側の筋肉もご紹介したいと思います。



shutterstock_293548481-e1527260304931.jpg

肋骨は上から1番~12番の12個あります。

9番目~12番目の1つ1つと

腰の骨にくっついている下後鋸筋という筋肉があります。

息を吐く時に、胸郭を閉じる役割がある筋肉です。

後ろから見た時に、ウエストがギュッ引き締まって、

お尻までのラインを綺麗に出すのにも必要となる筋肉です。


大きな呼吸を繰り返して、

筋肉の収縮を感じるのも良い方法だと思います。

胸を引き上げるように、大きく吸います。

肋骨下部を閉じるように、息を吐ききります

お腹側は意識しやすいと思います。

下後鋸筋を意識しましょう

何度か繰り返してみましょう。。

Body make studio Bonita Junko Sato

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム









ヒップアップも、お尻を小さくも、どっちもに効果的
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!

shutterstock_152886812.jpg

女性のヒップアップについて考えていると、

やっぱり、大殿筋のエクササイズだけだは、思うようにヒップアップできない方も多いと思います。

ヒップアップしたいな~と思っている女性は、

お尻のペッタンコが気になるから

年齢とともにラインが崩れが気になるから

というのが多いと思います。

このペッタンコやラインの崩れは、筋肉の衰えだけの影響ではなくて

骨格ラインの影響も大きいのです。

Rijokin.jpg

大殿筋のくっついている部分を見ていると、

仙骨と腸骨の角度がポイントとなると思います。

骨盤を寄せてあげるといったイメージです。

この部分を意識したエクササイズを加えると、

ヒップアップエクササイズがぐ~んとアップすると思います。

多裂筋という紺肉です。

私の最も好きな筋肉です(笑)

機能的にも見た目づくりにも最強の筋肉だと思います(笑)


体験レッスンしております

Body make studio Bonita Junko Sato

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム