FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_481502263.jpg


座っている時の骨盤の位置を意識している方は少ないと思います。

デスクワークなど、座りかたで多いのが、骨盤を後傾させて、腰を丸くした座り方かと思います。

重心位置を座骨の少し前にして骨盤が立った状態をキープして座ると良いのですが、

筋肉の衰え、座り方の癖などんで、良い位置での維持がどんどんしんどくなっていくので、

骨盤の位置を崩した座り方が楽となっていくのです。




骨盤が後傾すると腰椎前弯の減少を誘発し、また、腰椎前弯の減少は骨盤後傾を誘発すると言われます。

どちらが先かは…意見が分かれるようですが、とにかく良くない状態です。


骨盤後傾位置は、腰や股関節の機能低下につながりますし、

お尻と腰のカーブやくびれ、太ももなど、下半身の見た目にも

大きく影響します。

座り方が姿勢を崩し、スタイルを崩すことになるのです。

骨盤位置を保つためには、腹筋、腰部多裂筋の強化が必要となります。

多裂筋収縮を意識して強化していきましょう!

Instagramに動画を投稿しました。

今回は、仰向け寝での収縮です。

よかったらHP見てください

体験レッスンしております。

RRR+Bonita 整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko













美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_129051215 (1)

ヒップアップするには、

お尻の筋肉を鍛えなくちゃいけないのですが、

それと同時に骨盤の位置を整えるエクササイズも必須となります。

骨盤のゆがみがあると

お尻のラインに左右差が出てしまうのです。

日常の動作の癖などで、骨盤のゆがみが目立っている方も

多いと思います。

電車を待っている時に、周囲の女性を見ていると、

片脚に体重を乗せて立っている方が、けっこう多くおられます。

だいたいの方は、どちらかに乗せる癖がついていると思います。

気付いたら、いつも同じ側に体重を乗せて立っているかも~と、

思い当たる方もおられるかと思います。


その日常の癖が骨盤のゆがみとなっていきます。

骨盤を正しい位置で保つ筋肉の働きも差が出てしまいます。


骨盤のゆがみは股関節に影響するので、

大腿骨頭がずれてしまって、太もも上部が横に張り出す(大転子)

原因にもなったりします。

お尻や太ももの筋肉の使い方にも影響して、

お尻のたるみ、太もも前太り、太もも内太りなどが起こる原因にもなります。

なので、

骨盤の安定に関わる筋肉(インナーマッスル)の働きを高めることが大事となります。

そして、日常の動作での癖を正していくこともとても重要となります。

片脚重心や骨盤を前に突き出して立っていませんか?

チェックしてみてくださいね

体験レッスンしております

RRR+Bonita 整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko




美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ!

shutterstock_1035751687 (1)

お尻をあげたい!と望む女性は多いと思います。

写真の女性のような、キュッと引き上がったお尻に憧れる方も多いはず。

私も今だ憧れてます(笑)


お尻上部のボリュームを出したい!

欧米人モデルみたいなお尻になれるの?と

私も諦めずがんばっておりますが…

日本人女性が欧米人モデルのようなお尻をつくるのは、

骨格的に難しい場合がほとんどなのです。

お尻の形は、骨盤の形状によって変わるのですが、

特に、仙骨の角度が、

お尻上部のボリュームに関わっています。

腰仙角 (2)
横から見た背骨と仙骨です。

Rijokin.jpg
後ろから見た仙骨です

解剖学の本には腰仙の基準角度は30度となっています。

ですが、

欧米人の腰仙角度は40~45度くらいが平均角度となって

いるデーターが多いようです。

日本人女性にもこの角度が強い人もいますが、

年齢と共に、仙骨が後傾して、腰仙角が浅くなっていき、

お尻のラインが崩れていきます。

もともと、欧米人より浅い角度な上、

仙骨の後傾によって、さらに角度が浅くなることで、

お尻のラインが崩れてしまうのです。

なので、お尻上部のボリュームを目指すのであれば、

お尻の筋肉を鍛えるだけでなく、

腰仙角度を整えるエクササイズも必要となるのです


長くなりましたが、

年齢とともに崩れていくお尻のラインは、

骨格ラインが大きく影響しているといことなのです

お尻づくり体験レッスンしていおります。

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング



Body make studio Bonita Junko








美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_314896133.jpg

先日、太もも太りについて考えていました。

股関節の働きに大きくかかわる外旋筋群が弱くなることで

代償運動に大腿筋膜張筋が使われて、太もも太りの原因の1つとなる。


大腿筋膜張筋は途中から腸脛靭帯となって下肢にくっついていて、

運動不足などによって、腸脛靭帯が四頭筋の外側広筋と癒着していると、

これも太もも太りの原因の1つとなる。

そのような事を考えながら、本を読んでいたら、

大臀筋が衰えると、腸脛靭帯の短縮が起こると書いてあった。

う~ん?となってしまい。

師匠に質問をしてみたら、

大臀筋ではなく、中殿筋、小殿筋が弱ることでの

代償運動としての過剰収縮というのが正しい理解ということでした。

中殿筋、小殿筋が衰えるということは、お尻の筋肉全体が弱るということになる。

ということで大殿筋も弱くなるということにも繋がるのか…


大臀筋と腸脛靭帯、 大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の走行ラインはほぼ90度で

交わるため、互いの影響はないという。


また1つ繋がりが深まった。

とても嬉しいことです

少しづつ繋がりが深まっていくと、疑問に思う事や

分からないことも増えてくる。

そして、師匠に、読む本のレベルも上げていくようにと

本を何冊か教えてもらった。

Amazonから届くのを楽しみに待っているところです

太ももを細くしていくには

やっぱりお尻の筋肉から進めていく方がよさそうだな

お尻の筋肉が衰えると、ウエストラインにも影響するしね。

お尻の筋肉を鍛えるって大事です!

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

体験レッスンしております。

Body make studio Bonita Junko












美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_577289239 (1)

太ももの前が太くなる原因として多いのが

お尻の筋肉
太もも裏の筋肉
太もも内側の筋肉

弱くなっているケースです。

そうすると、立つ、歩く時に前ももが優先して使われてしまうのです。

毎日前もも優位で生活していると、

自重が、大きくはないけれど、負荷となって、

前ももが張り出したシルエットに変わってしまうのです。

お尻、太もも裏側、太もも内側を鍛えることが大事となります。

そして、歩行時に使う筋肉のバランスがかわると、

少しの負荷が、お尻ラインの維持にも繋がると思います。

まずは、お尻、裏モモ、内モモを鍛えましょう!

そして、歩く時に後ろ脚側をしっかり使えるようにしていきましょう!

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko







<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>