いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



二の腕は肩関節の可動性が影響
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_365778893.jpg

女性が気になるパーツの中でも “腕” は上位ですよね!

エクササイズには、腕立て伏せやダンベルを持って鍛えたりすることが多いですが、

その前に、肩関節を正しい位置に整えることが大事となります

デスクワークや家事など、普段の生活では、背中を丸くして、肩、腕を内側にしていることが多く、

腕と肩甲骨に付いている、いくつかの筋肉の使い方に差がでてしまい、

それが、肩や腕のラインに影響してしまうのです。

なので、肩関節を正しい位置へ安定させる筋肉を強化することが大事となります。

肩関節の可動性を高めるエクササイズが必要です!
肩関節を安定させる筋肉、ローテーターカフ(肩甲骨と腕に付いている4つインナーマッスル)
をしっかり動かしてあげましょう

FullSizeRender (47)

IMG_6361.jpg
肩関節の可動性を高めて、鍛えることが大事です!
 同時に肩甲骨可動性も高めることも重要です。
となると、胸郭の可動性を高めることも必要です。

スタイルアップには、骨格ラインを美しく整えることが、最も重要となります。
筋トレは、悪い姿勢のまま進めないことが大事となります


RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池BonitaJunko Sato






くびれ
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_139763104.jpg

ウエストラインが崩れてしまう原因には、姿勢の崩れが大きく影響しています。

デスクワーク、家事などで、背中を丸めて肩を内向きにしている時間が長いと、
筋肉の長さ、強さのバランスが崩れてしまい、各関節の動きも硬くなってしまいます

それが、背中、ウエストのたるみとなってしまうのです

筋肉のアンバランスをなくすためには、骨格ラインを整える必要があります。

特に、くびれや背中を引締めるには、胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の動きをしっかりと引き出して、
良い位置で保てるように筋肉を鍛えることが重要となります。


胸郭の可動性が低下したままでトレーニングをしても、
ウエスト、背中が引締まらないケースが多くあります。

スタイルアップの為には、骨格ラインを整えることは必須となります。

猫背姿勢が気になる方は、トレーニングをする時に気を付けてくださいね。
姿勢を整える内容を組み入れることが大事となります。

特に重要なのは、胸郭上部の伸展です。

Bonitaでは、女性の丸まった背中の可動性を引き出すのに、高い効果を発揮してくれる
Core CradleとLipsというツールを使って、上部の可動性を高めます。

猫背姿勢、肩が内向き、デコルテラインが落ち込んでいるなどを改善して、
スタイルアップしましょう

体験レッスンしております。ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト
烏丸御池Bonita junko Sato

FullSizeRender (46)

胸郭を引き上げて維持する筋肉の強化と、
下部肋骨を閉じる筋肉の強化が重要となります
朝1の腹筋は良い感じです(笑)





炭水化物は悪者なのか?
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_303136862.jpg

ボディメイクに食事の管理はとても重要となります。

年齢とともに、筋肉が衰えて代謝が悪くなり、太りやすくなってきたとか、
体重が落ちなくなってきたなど、

10代20代の頃と何かと比べてしまったり…

エクササイズなどで筋肉を使っていない限り、筋肉量は増えないですし、維持もできなくなるので、
年齢と共に代謝が落ちていくことは避けれませんし、自然と脂肪燃焼量も下がっていきます。

なので、筋肉量を落とさないように鍛えることが大事となります。
そして、身体をつくる材料をちゃんとバランス良く食べる必要があります。

ダイエットに糖質をOFFする方が、多くいらっしゃいますが、
糖質の中でも、ぶどう糖は絶対に必要なものです
脳のエネルギー源ですし、身体をつくる材料となるので、抜き過ぎは絶対に良くないのです。

ぶどう糖は、1日に基礎代謝で使われる分、身体の材料分、活動代謝量分以上に摂取した物が
中性脂肪として蓄えられます。
なので、ごはん、パン、パスタなどの炭水化物は、量の調整が必要となります。

また、貯蔵場所が肝臓と筋肉になるので、筋肉量が多い、少ないなどによっても、中性脂肪として
蓄えられる量が変わってきます。

太りにくい食べ方としては、ぶどう糖の摂取量のコントロールをすることが大事となります。


糖質の中で太る原因の1番は、果糖です
お砂糖たっぷりの甘いおやつは食べた半分はすぐに脂肪になると思っておくと分かりやすいと思います。
果物も果糖ですが、ビタミン摂取として食べるには、良いと思います。
お砂糖たっぷりのスイーツよりも良いかと(笑)

ぶどう糖は、脳のエネルギー源、身体をつくる材料、身体を動かす燃料、と大事な働きがあるので、
減らし過ぎないように、バランス良く食べましょう。

炭水化物抜きダイエットをしていて、肌がカサカサした。といった経験をされた方も
おられるかと思います。

それもそのはず、皮膚細胞にもぶどう糖は必要ですから
5第栄養素で身体は出来ているので、気を付けましょう



スタイルアップに大事なことは、適度に筋肉を鍛えることです。

美しい姿勢を保つ為の筋肉をしっかり維持しましょう。

見た目を変えていくって、とても大事かと思います。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato













お腹、背中、脇下、二の腕のたるみ
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_602814110.jpg

ハッと気づいたら、猫背姿勢になっていることが多いと思います。
腰を丸く、背中を丸くした状態で過ごしていると、
骨格を支えている筋肉は衰え、悪い位置で関節も硬くなってしまい、スタイルを崩します。

上半身では、胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の位置はとても重要となります。

理想的な骨の配列というのがあるのですが、これが崩れてしまうと、

脇下、お腹、背中の“たるみ”の原因ともなります。

胸郭の可動性低下は、肩甲骨の可動性低下にも繋がり、二の腕のたるみの原因ともなります。

なので、姿勢を美しく保つことがとても大事となります

女性のボディメイクには、
ただ筋肉を鍛えるだけではなく、骨格ラインを整えるエクササイズが重要となります。

理想的な胸郭の骨の配列は

①横から見た時に、鎖骨と鎖骨の間と胸椎第3番(背骨の上から3番目)を結んだラインが床と平行
②後ろから見て胸椎3番目と10番目を結んだラインが床と垂直

など、姿勢には、理想的な骨の配列があり、見る個所がいくつかあります。

猫背姿勢になっていると、
①は鎖骨側が下に下がっています。
②は3番側が前方、10番側が後方に傾きます。

この骨の配列を整えていくためには、可動性を高める必要があります。

歪んで硬くなっている関節の可動性を引き出すには、ストレッチなども重要ですが、
なかなか頑固に動かなくなっている部分もあります。

Bonitaでは、可動性を引き出しやすくするために、Core Cradle Lipsというツールを使用しています。

太ってはいないけど、姿勢が悪いのが気になる。。でも、運動したことないし、身体も硬いし…
という方にもおすすめです

体験レッスンもあります。 お待ちしております

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita junko Sato

















ヒップアップ
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_184828976.jpg

ヒップアップのポイントの1つは、骨盤を閉めるです

お尻がプリッと上がっている外人さんの仙骨の角度は40~45度で、
日本人の仙骨角度は、前傾30~35度なので、10~15度の差があります

この仙骨の角度で、ヒップアップ度が変わってきます。
なので、外国人女性の多くは、お尻が上がっているのです。。

仙骨の角度は、骨盤を正しい状態に保つ為に働く筋肉が弱くなることで後傾します。
後傾すると、腰からお尻のカーブが無くなってしまいます。

また、骨盤が緩い状態となります。

骨盤を正しい位置で座っていると良いのですが、腰背中を丸めて座っている方が多いと思います。

そうすると、骨盤、腰部を支える筋肉(多裂筋)が弱くなり、カーブの無いすとんとしたお尻になってしまいます。

ヒップアップは、多裂筋の強化なしではうまくいかないケースが多いです。

なので、多裂筋強化と正しい骨盤位置で座ることを習慣にすることが大事となります。

IMG_3161.jpg

めいいっぱい、多裂筋、腹横筋(お腹の筋肉)を収縮してます(笑)
何とか、30~35度の仙骨前傾が保てているかと…

骨盤をの位置を安定させてからの、お尻エクササイズが効果的となります。

セット数を増やしてお尻づくり頑張っております

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita

体験レッスンもあります。ご連絡お待ちしております。