いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



バストアップと姿勢
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です。
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_128215934.jpg

バストは、大きさ関係なく下がる理由があるのです。

それは、骨格ラインが正しい位置で保てていないことが1番の原因となります。

猫背姿勢で背中が丸くなっている。

正しい位置で骨格を保つ筋肉が衰えている。

猫背姿勢は、背骨が丸くなるのと同じように、

肋骨の上部も下向き(下方回旋する構造となっています)になってしまうのです


筋肉はどうかと言いますと、

背中側は長く弱い筋肉になってしまい、

胸側は縮んで弱くなってしまいます。


バストアップとデコルテラインをつくるには、

下を向いた肋骨を正しい位置に戻し、

弱くなっている筋肉を強化して、前後のバランスを整え、

胸の張れた綺麗な姿勢を保つとこが大事となります。


綺麗な姿勢を保つために、必要な筋肉を鍛えることが大事なのです。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato

お待ちしております。

















太もも横でっぱりを無くしたい
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_314896133.jpg

エクササイズをしているのに、太もも横出っ張りが改善されずに脚が太いままというケーズでは

股関節のインナーマッスルが正しく働くようにエクササイズを見直す必要があります。

股関節のインナーマッスルが正しく働いて大腿骨頭の滑り運動をきちんと起こせることが必要となります。

その為に、深層外旋六筋、恥骨筋、小殿筋を強化することが大事となります。

これらが弱くなると、アウターマッスルで股関節を支えることになり、

太もも外側や太もも前側の筋肉が発達して太くなってしまうのです。

弱くなった筋肉を強化してあげることが重要となります。

その為には、色々なエクササイズの組み合わせが必要となります。

股関節の制御に働くインナーマッスルをバランスよく鍛える必要があります。

コツコツ地味な動きで筋肉の収縮を感じながら、強化することが大事かと思います。

スクワットなど、大きな動きでアウターマッスルを鍛えることも必要ですが、

整えるのは、インナーマッスルですから、必ず取り入れましょう!

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato













ヒップアップと骨盤の関係
こんにちは。
美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です
美姿勢・スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_80790268.jpg

腰のカーブが無くなってくると、お尻のラインに影響することは、
なんとなくイメージできると思います。

ヒップアップしたい場合、腰からお尻のカーブをつくることが大事となります。

座っている時に腰を丸めて座っている方が多いと思います。

そうすると、骨盤を支える為の筋肉が衰えていき、腰周辺のたるみが出てくる原因となります。

くびれが無くなる原因の1つとなります。


崩れた位置で関節が硬くなってしまうと、ヒップアップエクササイズをしても、

思うような結果に繋がらないケースが多くなります。

関節の可動性を高めながら、ヒップアップエクササイズをすることが大事となります。

となると、ヒップアップエクササイズで最もポピュラーなスクワットは、アウターマッスル(表層筋)をメインにしたエクササイズなので、関節可動性を高めて骨格ラインを整えるには、不十分となります。

骨盤・腰部の可動性を高めて、支える筋肉の強化を同時に入れていくことが必要となります。

柔軟性がとても大事となるので、骨盤と腰部の柔軟にお家で簡単エクササイズを

マイベストプロ、コラム】に動画をアップしました。

良かったら見てください~

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト 

烏丸御池Bonita Junko Sato

体験レッスンあります。

IMG_3619.jpg

背骨の関節、仙腸関節(仙骨、寛骨)の連動が大事となります。
柔軟性と安定性のどちらもが大事となります。

地味な動きをコツコツと!







くびれづくり
美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です。
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_544643785.jpg

くびれをつくるには、腹筋エクササイズは必須ですが、

くびれが無くなっていく原因があることをお伝えしますね。

背中を丸くして(猫背姿勢)長期間過ごしていると、肋骨の柔軟性の低下や背骨の関節が硬くなるなど、胸をはった正しい位置が崩れてしまいます。 さらに筋力低下、重力によって正しい位置で保てなくなり、押しつぶされたような状態となって、くびれが無くなていきます。

お尻や脚など、下半身の筋肉が弱くなると、支えるために腰や腹筋の一部が代わりをすることになり、寸胴になってしまいます。

骨盤の安定に働く筋肉が衰えることで、くびれが無くなっていきます。

後は、食事のコントロールも大事かと…

くびれづくりをする時には、

が考えられる場合の対応エクササイズが必要となります。

これらは、綺麗な姿勢をつくるためのエクササイズでもあります。

綺麗な姿勢はスタイルアップへと繋がります。

体験レッスンしております。
くびれが気になる方は、ぜひご連絡ください。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita

FullSizeRender (11)
骨盤の安定に働く筋肉や、下部肋骨を引き締める筋肉など、
くびれづくりに関わる筋肉たちをギュッと引締めて写真撮ってます(笑)










明けましておめでとうございます。
美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_60181330.jpg

明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



今日からお仕事スタートです!

皆さま年末年始、食べ過ぎておられませんか?

私は、いつもの3倍の量を元日に食べてしまいました(笑)

実家に帰ると、みんなとの食事が楽しくて、ついつい食べ過ぎてしまいました(笑)

活動量が減り、食事量が増えていたので、お腹もあまり空かないのですが、

食べる癖がついてしまって昨日まで、いつもよりちょっと量が増えていました。

今日はトレーニングをして帰ろうと思います。

年をかさねるごとに、戻りが悪くなりますね。。悲しい~

普段エクササイズをしていても感じるので、

「そうそう!」と思われましたら、エクササイズを始めてください

今年は

綺麗な姿勢でスタイルアップ』エクササイズが注目なれる年になると思います。

女性の身体づくりは、日々進化しています。

昨年11月に開催された ベストボディジャパン全国大会の様子を見ていて、

女性の身体に求められる美がどこにあるか…

審査基準が変わってきていると感じました。


女性が綺麗になりたいという願いを叶えるには、姿勢は無視できません。

お洋服を楽しむには、姿勢が良くないと楽しめませんからね。

美ボディメイクは美しい姿勢をつくることが最も重要なのです。

美しい姿勢をつくる為に鍛える筋肉は、スタイルを良くするための筋肉と同じです。

体重を落とすだけでは、ダメなのです

IMG_4194.jpg

今年は、いろんな色やスタイルを楽しんでいきたいと思います!

体験レッスンあります。

ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita Junko Sato