FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴14年!あっという間に46歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_1035751687.jpg

腕が内側に向いてデコルテラインが落ち込んでいる方が普通のように思えるくらいに多く、

気が付いていない女性がほとんどかと思います。

この数年、みなさんスマホやパソコンなどを使っている時間が長くなっていると思います。

仕事でパソコンを使い、通勤途中にスマホを見たりと、

腕を前に出し、前かがみの姿勢で過ごすことが多くなっていますよね。

姿勢×時間だと考えると、

前屈みの姿勢が長時間続けば、姿勢はその状態を記憶し、

筋肉の長さや強弱などのバランスを崩していきます。

内側に向いた腕や肩を整えるには、肩甲骨の位置がとても重要となります。

背中が丸くなっている時の肩甲骨は、前に倒れて(前傾)、外側に開いて(外転)、下がる(下制)位置にあります。

腕は肩甲骨に引っかかるようにくっついているので、前傾、外転、下制の位置では、腕は内側に向いてしまうようです。

美しいラインを目指すには、

丸くなった背骨と肋骨を良い位置に整えることが必要となります。

そうすることで、肩甲骨を後傾(後ろに倒れる)、内転(両側肩甲骨が寄る)、挙上(肩甲骨が上がる)の位置で

保てるようになるのです。

souboukin B


世間では、肩を下げましょう!というのが定着していましたが、現在は、下げる意識はNG!

と、真逆に変わってきています。長い時間、肩を下げてと言われ続けてきたので、

え?となると思いますが、下げてばかりでは、良い位置で保つ筋肉の働きも弱くなります。

僧帽筋上部や肩甲挙筋でしっかりと良い位置を保たないといけないのです。

崩れた姿勢と重力の影響で、保つ働きが弱ると、見た目のラインだけでなく、肩こりなどの

原因ともなります。

肩上げ運動を10回するだけでも、しんどくなると思います。

それだけ弱くなっているということでもあります。

肩甲骨を下げるのではなく、その方の良い位置に戻すことが大事となります。

肩甲骨の位置を整えるには、背骨、肋骨の位置が整っていることが必要となります。

連動して働くので、背骨の柔軟はとっても大事となるのです。

背中が丸く固まってしまっていたら、デコルテラインは変化しないのです。

加齢と共に柔軟性は低下してきます。

お家でのストレッチなどは、大事となるのですよね

ストレッチポールやクレードルなどのツールを使うと柔軟性が上がりやすいと思います。

毎日、少しの時間でも継続することが大事だと思います。

rfca+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング


Body make studio Bonita Junko













// ホーム //