FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_67332373.jpg

ボディメイク中にやってはいけない事

ご飯を減らしておやつを食べる!

ごはんとおやつは別として捉えないと、身体に必要な栄養が摂れません。

必要な栄養が摂れないと、元気な細胞がつくれなくなります。

それが、ダイエットがうまくいかない原因となったり、

筋肉も強化できなかったりして、ボディラインも変わらないままとなってしまうのです。

お砂糖たっぷりのおやつは、ほとんどが中性脂肪となって蓄えられます。

お砂糖には、果糖1/2・ぶどう糖1/2が含まれています。

この果糖はすぐに中性脂肪に作り変えられて、脂肪細胞に蓄えられます。

ぶどう糖は、血中に5g取り入れて、残りを肝臓に蓄え、さらに残りを筋肉に蓄えます。

それ以上に摂取した物は中性脂肪となる流れです

ぶどう糖は、脳のエネルギー材料で、無くてはならない物ですし、

身体をつくる材料としても使われる必須の栄養素です。

そうすると、

太る原因の1番は果糖(砂糖)の摂取なので、おやつは避けたいものとなります。

でも、ちょっとお腹が空いた時や仕事で脳が疲れた時に甘い物を欲することがありますよね。

そんな時におすすめできるおやつは無いかなーと思っていたら、

私がいつもお世話になっている、八田先生が、クッキーの販売を開始しされたのです

米粉のクッキーです!砂糖を使わずぶどう糖を使ってはるので、果糖が入っていません。

なので、タイミングよく食べれば、中性脂肪として蓄えられることが無いのです。

もちろん食べ過ぎはダメですが、ちょこっとおやつを食べる時も、

身体に必須の栄養が摂取できるのは嬉しいことだと思います。

AB3EFB2E-9DCA-4E5B-ACF5-EA3AFD54A201.jpg

ぶどう糖を使っているおやつがどれだけあるか分かりませんが、

商品の裏をチェックしてみるのもいいですね!見つかるかもしれません。

ネットで販売されているかもしれません。

ダイエット、ボディメイクをする時には、こういったおやつがあると便利です

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

frca+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko

// ホーム //