FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_411607360.jpg

くびれはお腹の脂肪を無くすことも大事だけど、

前から、後ろから、サイドから、どの角度から見ても

くびれがあることがわかるのが理想ですよね!難しいけど

骨格ラインを見ていくと、

骨盤幅、胸郭幅(背骨、肋骨、胸骨の3つで構成)の関係で、

くびれやすい体型と、くびれにくい体型とがありますが、

アライメントの崩れが原因の1つとなっている場合もとても多いと思います。

骨盤でいうなら、仙骨の後傾(下方に向く)で

後ろから見たら幅広く見えてしまいますし、

前からは、骨盤幅を締める筋肉(腹横筋)弱化で、幅広く見えてしまいます。

なので、骨盤の引き締めが大事というのは、皆さんなんとなくイメージできると思います。

そして、もう一つ大事なのが、肋骨を引締めるという事なのです!

息を吸うと、肋骨の上部は上方に動きます。

そして下部は横に開きます。

息を吐いた時に、下部肋骨は内側に閉まりますが、ことの時に

筋肉が弱くなっていると、内側に寄せる働きも弱くなり、

だんだんとくびれが無くなっていくという流れになります。

なので、ウエストを引締めるには、肋骨下部をしっかりと閉める筋肉の強化も必要となります。

前側は腹斜筋、後ろ側は下後鋸筋が大事となります。

fukusyakinB.jpg
腹斜筋

kakoukyokinB.jpg

でも、胸郭が固くなっていると、スムーズな動きが出ないので…

背骨、肋骨の関節の可動域を広げることが大事となってくるのです。

やっぱり正しいラインで姿勢を保つことが大事となるのです

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko




// ホーム //