FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_332562881.jpg

在宅Workが続いている方も多いと思うのですが、

パソコンを長時間使ってのお仕事で、腕が内向き、

デコルテラインがス~っと開けなくなっている方も多いように思います。

いつもお伝えしているように、背中が丸く猫背姿勢になると、

肩甲骨も前に倒れる(前傾)のですが、そうすると、背中側の筋肉は長く弱くなっていき、

胸を引き上げてくれる筋肉は縮んで弱くなっていくのです。

その胸を上げてくれる大事な筋肉の1つが小胸筋です。

筋肉の付着部分を見ると、肩甲骨の前側からぽつっと出ている突起部分と

肋骨上部にくっついています。

猫背姿勢でいると、肋骨は下向きになり、背骨と肋骨の関節の可動域が狭くなって、

背骨の伸展(胸をはる)がしずらくなります。

同時に、肩甲骨も前傾した状態で固まってしまうので、

胸を引き上げる小胸筋も縮んだ状態で、固まってしまいます。

長期間、こんな状態で過ごしていると、

胸の上部がげそっとしたり、トップの位置が下がったりと、

女性の魅力の1つであるデコルテラインが崩れてしまうのです

syoukyoukinB.jpg

デコルテのマッサージで縮んだ小胸筋を緩めたり、ストレッチすることも

とっても良い方法ですが、猫背姿勢で背骨と肋骨の関節や肩甲骨が固くて、

正しいアライメントで姿勢が維持できなければ、また、前側の筋肉は縮んで弱くなりますし、

背中側の筋肉は長く弱いままとなります。

なので、縮んだ筋肉を緩める前に、長く弱くなっている筋肉を鍛えて、

正しいアライメントで姿勢を維持できるとが大事となるのです。

バストアップや美しいデコルテラインを目指すなら、

地味な動きだけど、姿勢を整えるエクササイズを取り入れることが大事だと思います

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko





// ホーム //