FC2ブログ





いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪ Junko 43



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お尻の次は背中引き締めエクササイズ?
美姿勢、美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです。
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_90486544.jpg

猫背姿勢は、スタイルを悪くすることは、皆さまご存知かと思います。

TVの影響は大きいもので、夏の間はお尻エクササイズがブームになっておりましたが、

最近、メディアに取り上げられているのが、脊柱起立筋を鍛えたら綺麗になる!とのことです。

muscles-of-the-back1.png

脊柱起立筋群は姿勢を保つ働きをしている筋肉群です。

↑首から骨盤までズドーンと付いています。

骨側から棘筋、最長筋、腸肋筋となります。脊柱起立筋の表層筋に分類されています。

絵をみると、この筋肉を鍛えたら背中がギュッと締りそうな感じを受けますね。

この筋肉の上に、僧帽筋や広背筋、菱形筋などの筋肉があります。


話題になると、その部分のエクササイズ紹介が増えますが、その部分でけを鍛えても

姿勢が良くならないケースもたくさんあるので、注意してくださいね。


背骨は骨盤についていますから、骨盤の安定が悪いままでは、綺麗なカーブや引き締まった背中がつくれないのです。

また、胸郭(背骨、肋骨、胸骨)の可動性が低下したままでは、綺麗な姿勢のラインになれないのです

なので、胸郭の安定に関わる起立筋の深層、中層部分にある筋肉の働きを高めるエクササイズが必要となります。


一般女性には、写真の女性の様に、しなやかな女性らしいラインを目指していただきたいと思っていますので、

骨格ラインから綺麗に整えるエクササイズを重視しております。


数年前からBonitaで使っているツールは、関節の可動性を引き出すのにとても便利で、

エクササイズを効率良く行える優れものです。

でもそれが無くても、ストレッチポールを使って可動性を引き出すことも出来ますから、

お家に眠っているポールが有ったら、ぜひ使ってくださいね。

体験レッスンでも、ご希望があれば、お伝えしますので、お気軽にお尋ねくださいね


RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム

Body make studio BonitaJunko