FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪ Junko 43

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_92466964.jpg

どの栄養素も体の組織をつくるのに必要!

5第栄養素の主な働きとして、よく紹介されているのが、

炭水化物   エネルギー源

たんぱく質  エネルギー源 体の組織をつくる

脂質     エネルギー源  体の組織をつくる

ビタミン   生理作用の調整

ミネラル  生理作用の調整 体の組織をつくる 

となります。

この様に書いてあると、炭水化物とビタミンは、体の組織をつくるのに

そんなに重要ではないのかな?と思われてしまうと思うのです。

実際には、炭水化物もビタミンも体の組織をつくるのにとても重要なのです


例えば、女性なら誰もが、コラーゲンと聞くと反応しちゃいますよね。私は確実に反応しちゃいます(笑)

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、体内で生成されます。

その時に必要となる材料の中に、ぶどう糖(炭水化物)やビタミンがあります。

コラーゲンも他のたんぱく質と同じように、アミノ酸に分解されてから吸収されるので、

肉、魚、たまご、大豆類など、たんぱく質をバランスよく食べることが大事となります。


コラーゲンには、いくつかの種類があります。

1型コラーゲン 骨、筋肉、皮膚など体内で多く存在するコラーゲン

Ⅱ型コラーゲン 軟骨、関節成分、眼の角膜、硝子体の成分となるコラーゲン

Ⅲ型コラーゲン 臓器に主に含まれるコラーゲン

など、他にもいろいろあります。

血管壁には、I ,Ⅲ、Ⅴ型コラーゲンが存在しています。コラーゲンが少なくなると血管の弾力に影響がでたりと

コラーゲンは、身体のあらゆるところに存在して、重要な役割があるのです。

これだけのコラーゲンを生成するには、しっかりと栄養を摂る必要があります。

分解されたアミノ酸は、吸収された後、何型のコラーゲンに生成されるかは、自分で決めることはできませんから…

毎日、どこかで、コラーゲン生成が無事行われるように、必要な栄養を摂取しなければならないのです。




40代以降になると、膝の痛みを訴える女性が増えてきますが、

よく耳にするのが、軟骨の減少についてです。

軟骨に存在するコラーゲンは、とても重要な役割があると言われています。

お肌を若々しく保ち、痛みのない、健康な身体をつくるには

コラーゲンの存在はとても重要となります。

始めにご紹介した「主に体の組織をつくえる」栄養素の中で、重要視されていないように思える

炭水化物とビタミンは、実はとても重要なのです。

ダイエット、ボディメイクをする時には、5大栄養素のどれもが大事で、悪者はいないということです。

摂り過ぎている物、不足している物、のバランスを見直して、身体づくりを進めると良いかと思います。

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム

Body make studio Bonita Junko Sato
















// ホーム //