FC2ブログ





いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪ Junko 43



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



脇の下、二の腕を引締める(#^.^#)
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です
スタイルアップとトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_198887234.jpg

暖かくなって、桜も一気に満開になりましたね

日中に外を歩いていると、上着がいらないくらいですね。

薄着になってくると、気になるのが、腕、脇下、背中ではないでしょうか。

肩が上がって背中が丸く、腕も内側に向いている猫背姿勢を気にされている方も多いと思います。

姿勢の崩れは、ボディラインの崩れに繋がりますから、姿勢を綺麗に整えながら引き締めていくことが大事となります。


肩甲骨や腕を正しい位置に安定させる為に働く筋肉がうまく使えていないと、二の腕、脇の下、背中にゆるみができてしまうのです。

なので、各関節の適正な可動域と安定に関わる筋肉の働きを高めていきます。

猫背姿勢になっている場合、背骨横の筋肉や肩甲骨と二の腕についている筋肉、肋骨と肩甲骨に付いている筋肉などが弱くなっていることが多いです。

また、筋肉が長くなって弱くなっている部分と、短くなって弱くなっている部分とがあるなど、アンバランスになってしまっていることで、綺麗な姿勢を維持できなくなっています。

なので、この筋肉の長さを整えながら鍛えることが大事となります。

私のおすすめは、

背骨と肋骨の可動域を高めるエクササイズ

肩関節の可動域を高めるエクササイズ

肩甲骨の位置を整えるエクササイズ

これらのエクササイズを効果的に行うために、内容を組み合わせていきます。

二の腕だけ、脇下だけ、と、見える部分だけをガツガツ鍛えません。

可動性が低下して、姿勢のバランスが悪いままで鍛えても、綺麗な姿勢やスタイルアップはできないので、ボディメイクトレーニングは、姿勢が悪く、筋肉の働きが低下して、アンバランスになっている女性ほど、気を付けていただきたいと思います。

30代になったら、体重以上に姿勢、体型の崩れに目を向けていきましょう!

スタイルアップトレーニング体験レッスンあります。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト Junko Sato
Body make studio Bonita