いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



くびれづくり! 姿勢が悪くなるとくびれが無くなっていく…
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_602814110.jpg

くびれが無くなる理由の1つに、胸郭の骨の配列が崩れてしまっていることが考えられます。
コレはとても重要です!

普段の姿勢では、背中を丸く、腕を内側に向けている時間が長くなるため、
多くの女性が、綺麗な配列で骨格ラインを維持できなくなってくるのです。

さらに重力がかかっているので、それに対抗できるだけの筋肉が必要となりますが、
年齢とともに筋肉が衰えることで、体力低下だけでなく、ウエストを引締めておくことも
できなくなるのです。
くびれが無くなり、お腹、腰にたるみができてくるといった流れができてしまいます


綺麗な姿勢を保とうとしても、直ぐに丸くなってしまう方は、美しい姿勢を保つための筋肉が
衰えているので、保てません。

胸を張って綺麗な姿勢を作ってみた時に、お腹がスーッと伸びて少し凹むと思います。
胸が思うように引き上がらない場合は、胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の可動域がとても狭く、
関節が硬くなっていると思います。

適正な関節の柔軟性と、正しい位置で維持できる筋肉の強化が必要になります。


では、自宅で何から始めるかです

★ 背骨と肋骨の関節の可動域を広げる。特に背骨の上部(胸椎上部)の可動性を高める。
★ 肋骨の柔軟性を高める。 

★の為に、毎日ストレッチを行いましょう。(ツールの使用もおすすめ



Bonitaでは、関節の可動性を高め、骨格ラインを整えながら維持するための筋肉を強化します

お腹を凹ますためには腹筋エクササイズが必須です。。
それは頑張るしかないのですが、くびれをつくりたい、美しい姿勢になりたい場合は、
骨格のラインを美しく整えることが最も重要です。


RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

体験レッスンお受けいただけます。美しい姿勢でスタイルアップです
烏丸御池BonitaJunko Sato


IMG_8485.jpg
アライメントと整えながら、腹斜筋を鍛えて肋骨下部を引締めます。
私は、体型分類A型なので、骨盤幅が広い分、くびれ角度が出やすくもあります。

くびれのラインの出方は、元々の体型の影響がありますが、
おそらく1番良い位置にない方がほとんどかと思います。

自分の1番良いラインまで持っていきましょう~










スポンサーサイト