FC2ブログ





いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪ Junko 43



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お腹、背中、脇下、二の腕のたるみ
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_602814110.jpg

ハッと気づいたら、猫背姿勢になっていることが多いと思います。
腰を丸く、背中を丸くした状態で過ごしていると、
骨格を支えている筋肉は衰え、悪い位置で関節も硬くなってしまい、スタイルを崩します。

上半身では、胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の位置はとても重要となります。

理想的な骨の配列というのがあるのですが、これが崩れてしまうと、

脇下、お腹、背中の“たるみ”の原因ともなります。

胸郭の可動性低下は、肩甲骨の可動性低下にも繋がり、二の腕のたるみの原因ともなります。

なので、姿勢を美しく保つことがとても大事となります

女性のボディメイクには、
ただ筋肉を鍛えるだけではなく、骨格ラインを整えるエクササイズが重要となります。

理想的な胸郭の骨の配列は

①横から見た時に、鎖骨と鎖骨の間と胸椎第3番(背骨の上から3番目)を結んだラインが床と平行
②後ろから見て胸椎3番目と10番目を結んだラインが床と垂直

など、姿勢には、理想的な骨の配列があり、見る個所がいくつかあります。

猫背姿勢になっていると、
①は鎖骨側が下に下がっています。
②は3番側が前方、10番側が後方に傾きます。

この骨の配列を整えていくためには、可動性を高める必要があります。

歪んで硬くなっている関節の可動性を引き出すには、ストレッチなども重要ですが、
なかなか頑固に動かなくなっている部分もあります。

Bonitaでは、可動性を引き出しやすくするために、Core Cradle Lipsというツールを使用しています。

太ってはいないけど、姿勢が悪いのが気になる。。でも、運動したことないし、身体も硬いし…
という方にもおすすめです

体験レッスンもあります。 お待ちしております

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita junko Sato