fc2ブログ
練馬区大泉学園で女性限定出張パーソナルトレーニング!女性のための美ボディメイク
プロフィール

JunkoTakahashi

Author:JunkoTakahashi
京都烏丸で16年間、多くの女性に美ボディメイクパーソナルトレーニングを行ってきました。現在は、練馬区大泉学園エリアを中心に出張パーソナルトレーニングと京都の方を中心にオンラインレッスンを行っております。16年間で得た知識と経験とでお家エクササイズの効果をグンと上げる方法をBlogでも紹介しております。
いくつになってもおしゃれを楽しみたい女性に必要なのは美しい姿勢を保つための筋肉強化です。年齢とともに衰える筋肉をしっかり強化していきましょう!

美ボディメイクパーソナルトレーナー Junko Takahashi49歳

最近の記事
RSSフィード
リンク
こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

身体のゆがみを整えて美しい姿勢&スタイルアップ

shutterstock_720114985.jpg


身体のゆがみが与える体形の崩れは、本当にスタイルを悪く見せます。

太って見えていることが多いのではないかと思います。

例えば、片側に体重を乗せる癖で、骨盤が側方にスライドしてしまって、

そのバランスをとるために、胸郭を反対側にスライドさせていたら、

その人の身体の幅は、本来の幅より広く見えてしまい、

結果、太って見える。ということに…

猫背姿勢で、胸郭が下がってしまって、

ウエスト部分が寸胴になって太って見えてしまったり。

年齢がすすむと体形が崩れるのは、

こういった、身体のゆがみが原因となっているのだと

つくづく思うのです。

その身体のゆがみは、体形の崩れだけでなく、

身体の痛みや違和感の原因となるのだから、

ますます、身体のゆがみを整えるエクササイズの重要性を感じるのです。

まだまだ勉強中の身ではありますが、

少しでも同年代の女性のお役に立てたら嬉しいな

という思いでおります。

16年間にたくさんのセミナーに参加して、多くの知識を得ました。

今は、その内容を頭の中で整理して、さらにレベルアップした内容をお伝えできるよう

がんばっております。

身体のゆがみを整えてスタイルアップを目指すエクササイズにご興味いただけたら

嬉しいです。

練馬区大泉学園・石神井公園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインでもパーソナルトレーニングを行っております。ご好評いただいております


女性限定となります。

HP パーソナルトレーナーJunko Takahashi


こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

shutterstock_87746179.jpg

ウォーキングされている方にぜひ意識していただきたいお話です。

雨が降らなければ、週4日はウォーキングをしています。

近くに大きな公園があって、ウォーキングコースになっているので、

キレイな歩き方を意識して歩いております


先日、40代前半くらいの女性が歩いておられる、後ろを歩いていたのですが、

前後に腕を振って歩いておられたので、なんであんなに大きく腕をふらはるんやろ~

と見ていたら、胸郭、肩甲骨がほとんど動いてなくて、固まったまま歩いておられたのです。

歩く時は、画像の女性のように、骨盤(わずか)、胸郭の回旋が起こり、回旋した側の肩甲骨が

後傾、内転といった動きが起こります。

なので、手が後ろ足方向に向き、正面から見ると、少しお尻に隠れる感じとなります。

本来の自然な歩き方だと、回旋した側の上部の肋骨も挙上しますが、

背骨と肋骨の関節(肋椎関節)が固くなって、肋骨、肩甲骨の可動域も

小さくなっていると、画像の女性のように、胸郭の回旋、回旋側の上部肋骨の挙上、

肩甲骨後傾、内転といった動きがとても小さくなってしまい。

ウォーキング効果が小さなものとなってしまいます。

ウォーキングの目的が、減量だとしても、身体の各パーツが連動してキレイに動けば

背中の引き締め、ウエストの引き締めといった効果が得られるのです。


なので、私はいつも上部胸郭を意識して歩いています。

上部肋骨の挙上と腕を後ろに下げる時は、反対の足方向に20度位下げる意識で

歩きます。

時々、毎日景色一緒であきない?と言われることがありますが、

植物の変化などを見るのも好きなので、あきはしませんが、

なにより歩いている時に、脚の出し方、着地点、胸郭の回旋、

肋骨の挙上、肩甲骨の動きなどを意識しながら歩いています。


歩く前に、姿勢の調整をすると、スムーズな連動で歩きやすくなり、

日常動作での姿勢改善と維持に効果的になります。

寒くなってきましたが、ウォーキングをされる時は、

是非、姿勢を意識してみてくださいませ。

大泉学園、石神井公園エリアで女性限定パーソナルトレーニングを行っております

オンラインパーソナルトレーニングも受付中です

HP Bonita Junko Takahashi




こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

shutterstock_414390961.jpg

年齢とともに消えゆくウエスト

猫背姿勢でいると、デコルテラインのお話でもお伝えしましたが、

上部肋骨が下垂してしまうのです。

その影響で下部肋骨が開いてしまい、くびれがなくなる原因となるのです。

胸郭②
上部胸郭(第1~6肋骨)下部胸郭(第7~12肋骨)

ウエストを引き締めるには、胸郭(胸椎(紫)、肋骨(緑)、胸骨(白))アライメントを

整えることが重要なポイントの1つとなります!


胸郭以外にも、骨盤の開いた状態もくびれがなくなる原因となるので、

骨盤、胸郭の両方のアプローチが必要となるのです!

今回は、骨盤と下部肋骨を引き締めるエクササイズを1つご紹介します。


上部肋骨が持ち上がると、下部肋骨は引き締まる構造となっているので、

上部肋骨を引き上げたポジションで、回旋による腹横筋の収縮で下部肋骨を引締める

エクササイズを行います。

IMG_5132.jpg

IMG_5142.jpg
上部胸郭は上下方向の動き、下部胸郭は横径の動き

上部胸郭を引き上げて固定して、下部胸郭からねじっていくように骨盤、脚を左右に動かします。

※写真では腕の位置が高いので、もう少し下げた位置の方が良いです。

上部胸郭が十分に引き上がらない場合は、

胸椎と肋骨の関節(肋椎関節)の上方回旋機能を高めるエクササイズを行います。

肋骨挙筋を鍛えることで、上部肋骨の上方回旋機能を高めて

胸郭を安定させるのですが、上部胸郭が固く可動性が低下している場合は、

可動性を高める必要があります。

そうです!

YouTubeなど動画配信でもよく見かける

この腹筋エクササイズですが、


1番のポイントは胸郭なのです。

30代、40代と年齢が進むにつれて、姿勢が悪くなり、骨格ラインが崩れていることには、

ほとんどの女性が気づかれていると思います。

今日ご紹介したエクササイズは、ウエストを引き締めるのに

効果の高いエクササイズとなります。

骨格ラインを整えてこそ効果が得られるのですね



私が行っているエクササイズは、rfcaメソッドとなります。

大泉学園、石神井公園エリアで女性限定出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。

HPBonita Junko Takahashi

rfcaメソッドは美ボディメイクパーソナルトレーナーに人気のメソッドで、

全国で多くのトレーナーが取り入れているので、

骨格ラインを整えて美しい姿勢をつくりながら引き締めていくトレーニングを

ぜひぜひ試されてください(*'▽')
こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーのJunko Takahashiです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

shutterstock_1893677755.jpg

現在オンラインパーソナルトレーニングをお受けいただいている40代前半のクライアントさまが

姿勢の改善とともにボディラインも引き締まってきていると、嬉しい報告をいただいています。

デザイナー、アーティストというお仕事がら、座っている時間が長く、

姿勢の崩れ、筋肉の衰えでデコルテライン、お腹周り、ヒップラインに影響が出てしまっていました。

年齢的に、放置しておくと崩れは加速していくということで、

定期的に、運動をしようと、始められました。


股関節屈曲時に右側につまり感があるということだったので、

骨盤(仙骨と寛骨)と股関節の可動域の出やすい運動パターンで

可動性を高め、ヒップアップの重要ポイントとなる仙骨前傾、骨盤の安定に関わる

多裂筋を活性化と骨盤安定とウエストに関わる腹横筋、骨盤底筋の活性化を

行い。

そこからお尻メイクに入っていきました。

リアルセッションでは、骨盤のゆがみのチェックや姿勢のチェックをしますが、

オンラインでは細かなチェックはできないため、

ご本人に違和感だったり、気になる点などをお聞きしながら

進めています。

ほとんどの女性は骨盤のゆがみがあるので、骨盤、股関節へのアプローチは必須としています。


次にデコルテラインは上部胸郭の可動域を高めるために、

上部胸椎と頸椎の動きの連鎖パターンをエクササイズで誘導。

さらに肋骨、肩甲骨の連鎖パターンも誘導し、

各関節の可動域が上がり連動して動くことで、

自然と胸が引き上がり、背中が締まります。

胸郭①
胸郭(背骨・肋骨・胸骨)

本来、その人が持つ美しいデコルテラインに戻ります。

胸郭は固くなりやすいので、じっくり丁寧にエクササイズを進めています。

もう一つ、デコルテラインが上がる(上部肋骨上方回旋)と、

ウエストにくびれが起こります。

なんと嬉しいこと

逆に言えば、胸郭のアライメントが崩れていたら、くびれがなくなり、

寸胴になるということです。


クライアントさまもセッションの回がすすむ毎にデコルテラインの改善とともに

ウエストラインも締まっておられます。

トレーニングを始める時には、姿勢がどうなっているのかを

確認するのも大事となります

今後、もう少し分かりやすいように、写真でエクササイズを紹介できたらと

思っております。

動画配信をすると良いのかもしれませんが、苦手で…(笑)

大泉学園・石神井公園エリアで女性限定出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。

エクササイズ内容はrfcaメソッドを行っております。

Bonita Junko Takahashi




こんにちは!ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引締め

ri643tm5.png

背中が丸いと太って見えたり、老けて見えたりするので、要注意ですね。

今までにたくさんの方のブライダルトレーニングを行ってきましたが、

やぱり、ドレスを着た時の背中は、重要なパーツですね

チャペルでは、長い時間後ろ姿を見られますからね。

姿勢が美しい女性は、印象が違います。

ドレスは上半身がメインなので、短期間で集中的に上半身を

整えるなんてこともしておりました(笑)

一生に一度のことですから、

その時の1番美しい自分で最高の日を過ごしていただきたいですからね

そんなことを思い出しながら、今回は、背中の崩れについて書きます。

前回は、デコルテラインの崩れでしたが、前も後ろも同時に崩れるということになります。



普段、背中のチェックを忘れがちですが、丸くなっていませんか?

背中が丸くなると、首が前に出ているケースが多いです。

正面から見ると首が短く見えて、肩が上がっているように見えるので、

肩下げて~と言われたりするのです。

でも、実際は、胸郭(胸椎、肋骨、肩甲骨、胸骨)と頭部を正しい位置に戻すが正解です。

背中が丸い状態は、

胸椎が屈曲、上部肋骨は下方回旋

肩甲骨は、前傾、外転、挙上の位置になります。

頭部は前方へ出て、頸椎2番~6番が床とほぼ垂直になる位置が崩れているケースが多いです。

そして、このままの位置で関節の可動性が低下して固くなると、

背中の幅が広く、たるみや脂肪がついて、太って見えたり、

細くても老けて見えたりするというわけです。


肩甲骨ダイエットとか肩甲骨はがしと言われるものは、

この悪い姿勢で固まった肩甲骨を動かしましょう!ということなのです。

でも、肩甲骨の動きをよくするには、胸郭の可動性が必要になります。

腕の屈曲150度以上で肩甲骨内転、後傾、上方回旋、胸椎の伸展、肋骨の上方回旋が

一つの運動のパターンとなります。この運動パターンを回復させることが、

背中の脂肪やたるみ、老け見え背中の改善にとても重要となります。

エクササイズを行う際には、腕を動かしたり、固定して肩甲骨の可動性をアップしていきます。

肩甲骨の動きが固くなっている場合、腕の動きに対しても肩甲骨の動きが十分でないケースが

あるので、意識しながら動かすことが大事です。

例えば、

腕を前から180度上げていく(屈曲)時に、120度位から肩甲骨の挙上、内転、後傾が起こりますが、

この肩甲骨の動きが固い方が多いです。

なので、腕を前から120度辺りまで上げてきたら肩甲骨の挙上を意識します。

意識して頑張っても、腕を180度まで上がらなかったり、

頭を下げてしまったりしている場合は、胸郭の動きが悪く、連鎖パターンが崩れているので、

やっぱり、胸郭(胸椎、肋骨、胸骨、肩甲骨)の可動性を高めていくことが大事となります。

腕の動き、肩甲骨の動き、胸郭の動きの連鎖する動きを回復することが大事となります。

骨格ラインを整えて、姿勢を美しく保つことが、何よりのスタイルアップに繋がるのです。

大泉学園・石神井公園エリアで女性限定出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも受付中です。


HP Bonita Junko Takahashi








こんにちはボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashです

骨格ラインを整えて本来の美しい姿勢へと改善&気になるパーツを引き締め

w621_They-All-Hate-Us-Low-Back-Babydoll-Stripe-Dress.jpg

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。

re frame Conditieoning Academy Masterカリキュラム終了のため

レポートを書いていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。

色んな事が同時に進められないのがダメな点だな~と思います

とにかく、何とか書き終わって提出をしたのですが、

レポートを書いていて、やっぱり骨格ラインを整えることは、トレーニングをするにあたって、

外せない重要なエクササイズだと改めて実感しました。

例えば、

背中を丸くして、腕を前に出し、何時間もパソコンに向かって仕事をする女性に増えている

デコルテラインの崩れ!

バストが垂れ下がってしまって、上部の厚みが無くなっているケースです。

これは、残念なことに、胸の筋肉を鍛えれば済む話ではないのです。

一つずつ見ていくと、

背中が丸いということは、胸椎が屈曲している状態です。

特に上部の屈曲がデコルテラインに大きく影響しています。

そして、屈曲している胸椎にくっ付いてる肋骨は下方回旋してしまうのです。

この状態で固まってくると、胸をハリたくてもハレなくなってしまい、

デコルテラインがガクッと落ち込んだ姿勢になってしまうのです。

なので、1番に行うべきことは、胸椎の伸展と上部肋骨の上方回旋の動きの改善です。

これらの動きを引き出すには、頸椎の動きも大事となります。

首(頸椎)の動きは、胸椎3番目辺りから動くため、肋椎関節の可動性を

高めるには、頸椎の側屈回旋の動きを改善させていく必要もあります。

これらの関節の可動性を高めたのち必要に応じて筋肉を強化するのが良いと思います。

姿勢を無視して、筋肉強化から始めないことです。

rfcaメソッドで骨格ラインからボディメイクを始めましょう

大泉学園、石神井公園エリアで、出張トレーニングを行っております。

オンラインセッションも行っております。


パーソナルトレーナーJunko Takahash




// ホーム //