fc2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
京都烏丸で16年間、多くの女性に美ボディメイクパーソナルトレーニングを行ってきました。現在は、練馬区大泉学園エリアを中心に出張パーソナルトレーニングと京都の方を中心にオンラインレッスンを行っております。16年間で得た知識と経験とでお家エクササイズの効果をグンと上げる方法をBlogでも紹介しております。
いくつになってもおしゃれを楽しみたい女性に必要なのは美しい姿勢を保つための筋肉強化です。年齢とともに衰える筋肉をしっかり強化していきましょう!

美ボディメイクパーソナルトレーナー Junko Takahashi48歳

最近の記事
RSSフィード
リンク
ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

練馬区大泉学園エリアで出張パーソナルトレーニング

オンラインパーソナルトレーニングを行っております。


shutterstock_184828976.jpg

前回はくびれづくりのための腹筋エクササイズについてお伝えしました。

今日は、腹筋エクササイズを行う前に鍛えたい筋肉についてお伝えします。

写真のモデルさんの様に、後ろから見た時に腰からお尻のカーブをつくることも

くびれづくりに必要となります。


kotsubann.jpg

骨盤は左右の骨(寛骨)と真ん中の逆三角形の骨(仙骨)その下部の骨(尾骨)で

構成されています。

仙骨が前傾の時はギュッと骨盤が締まりの位置になりモデルさんのようなラインができます。

仙骨が後傾の時は骨盤が緩んだ位置になり、腰からお尻のカーブが無く、くびれのラインも崩れます。

この、仙骨が後傾(絵の緑側)のまま腹筋だけを鍛えると絵のように後ろは緩い状態のままになってしまいます。

なので、腹筋を鍛えるときは、仙骨を前傾にして骨盤を締める筋肉(多裂筋)を鍛えることも重要となります。

両方の筋肉をバランスよく鍛えることが、くびれづくりのポイントとなります。


そして、お尻のラインを気にされている方も絶対鍛えたい筋肉となります。

奇麗なお尻の形を桃尻、崩れたお尻をピーマン尻と言われたりしますが、

桃尻は骨盤が締まった位置、ピーマン尻は骨盤が緩んだ位置だといえます。

骨盤を後ろも前もギュッと締めていい位置を保つことが、くびれ、桃尻、ヒップアップの必須となるのです。


京都で15年間多くの女性にパーソナルトレーニングをお伝えしてきました

私自身20代の頃お尻がぺったんこで、太ももとお尻の境目が無い感じだったのが

とても嫌で嫌で、どうしたら外国のモデルさんの様なお尻になれるんだろ~と

トレーニングを始めたのです。35キロのウェイトを持ってスクワットをしていた時もあります(笑)

でも、それだけではお尻のラインは変わらないことに気づき、機能解剖学を学び、視点を変えて

トレーニングをすすめてきました

人それぞれ骨格が違うので、理想のお尻にはなれなくても、自分にとって1番いいラインを目指して

トレーニングを続けてきました。

女性のお尻づくりへの思いはかなり熱い人間です。暑苦しいかもです(笑)

お尻メイクを頑張りたいと思っておられる方、お家トレーニングがはかどらない方、

オンラインでもパーソナルトレーニングを受け付けております。

練馬区の大泉学園エリアと地域限定となりますが、出張トレーニングも行っておりますので、

ご興味をお持ちいただけましたら、ご連絡くださいませ

詳しくはホームページをご覧いただけましたら幸いでございます。







// ホーム //