FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴14年!あっという間に46歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_100121834.jpg

今年もBonitaへお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、Blogをご覧いただきましてありがとうございました。

あっという間の1年でした

コロナが流行り、世の中の動きをみながら、

お仕事を続けさせていただいてきました。

一時はどうなることやら…と心配もしましたが、

皆さまには、変わらずお越し頂けましたこと、

本当に感謝の気持ちでいっぱいでございます。

ありがとうございました

コロナの影響で、社会的にも個人的にも色々変化があった年だと思います。

私は、たくさんオンラインセミナーに参加できたことで、新しい情報を吸収できたり、

おさらいができたりと、移動しない分、学べる機会が増えました。

それをレッスンに取り入れたり、情報をシェアできたことはとても良かったと思います

来年も引き続き、健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップに役立つ情報を

シュエできればと思っております。


お正月は、美味しい物を食べてゆっくり過ごされる方がほとんどだと思います。

私も、レッスン内容の見直しや、今後の方向性などをイメージしながら

のんびり過ごしたいと思います

皆さま食べ過ぎにご注意してくださいませ~(;・∀・)わたしもきをつけます。

来年もますます健康な身体をつくりながらボディメイクを始める方が増えるであろうと

思っております。

Blogでも色々お伝えできたらと思っております

皆さま、2021年もどうぞ宜しいくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ


Body make studio Bonita

Junko Takano


12/28~1/4お休みをいただきます。
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_67332373.jpg

ボディメイク中にやってはいけない事

ご飯を減らしておやつを食べる!

ごはんとおやつは別として捉えないと、身体に必要な栄養が摂れません。

必要な栄養が摂れないと、元気な細胞がつくれなくなります。

それが、ダイエットがうまくいかない原因となったり、

筋肉も強化できなかったりして、ボディラインも変わらないままとなってしまうのです。

お砂糖たっぷりのおやつは、ほとんどが中性脂肪となって蓄えられます。

お砂糖には、果糖1/2・ぶどう糖1/2が含まれています。

この果糖はすぐに中性脂肪に作り変えられて、脂肪細胞に蓄えられます。

ぶどう糖は、血中に5g取り入れて、残りを肝臓に蓄え、さらに残りを筋肉に蓄えます。

それ以上に摂取した物は中性脂肪となる流れです

ぶどう糖は、脳のエネルギー材料で、無くてはならない物ですし、

身体をつくる材料としても使われる必須の栄養素です。

そうすると、

太る原因の1番は果糖(砂糖)の摂取なので、おやつは避けたいものとなります。

でも、ちょっとお腹が空いた時や仕事で脳が疲れた時に甘い物を欲することがありますよね。

そんな時におすすめできるおやつは無いかなーと思っていたら、

私がいつもお世話になっている、八田先生が、クッキーの販売を開始しされたのです

米粉のクッキーです!砂糖を使わずぶどう糖を使ってはるので、果糖が入っていません。

なので、タイミングよく食べれば、中性脂肪として蓄えられることが無いのです。

もちろん食べ過ぎはダメですが、ちょこっとおやつを食べる時も、

身体に必須の栄養が摂取できるのは嬉しいことだと思います。

AB3EFB2E-9DCA-4E5B-ACF5-EA3AFD54A201.jpg

ぶどう糖を使っているおやつがどれだけあるか分かりませんが、

商品の裏をチェックしてみるのもいいですね!見つかるかもしれません。

ネットで販売されているかもしれません。

ダイエット、ボディメイクをする時には、こういったおやつがあると便利です

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

frca+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko

美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_149970383.jpg

お尻メイクに関係なさそうに思われるかもしれませんが、

重心バランスが崩れていると、お尻や脚のラインに影響がでてしまうので、

立つ、歩くの動作も意識して、良い使い方へ変えていくことが必要で大事となります。

304e0ed311cb1bb2f6469eae2444d11c.png

A 32%
B 8%
C 60%

の割合で体重を支えていると良いようです

踵(C)の外側~B側に体重が乗っかる方も多いと思うのですが、

そうすると、脚の内側の筋肉が弱くなって太もも内側がたるんだり、

歩く時にも太もも内側が使えていなかったりと、普段の動作で筋肉バランスが悪くなってしまいます。

お尻メイクには、股関節の安定に働くお尻のインナーマッスル(外旋六筋)の強化が必須ですが、

荷重位置と足関節の安定が悪いと、お尻の筋肉を鍛えても、

立つ、歩く動作時にしっかりと使うことが出来きず、結局、代償に使われている筋肉が

優先されてしまうことになるのです。 

せっかく鍛えているのに変化が出るのが遅くなるなんて…


普段、無意識で使っている筋肉が下半身のラインを崩しているとしたら、ラインを整える為の筋肉を鍛え、

日常の動作に落とし込むことも大事となるのです。

足裏の筋肉もバランスよく鍛えて、正しい位置で立てるようにしていきましょう!

親指、母指球の踏みしめが弱い場合は、

写真↓のように親指を母指球から押し出すように屈曲します。30回位繰り返してみたり、

IMG_0913.jpg

↓4本指を前に突き出すように屈曲したり、親指、4本指を交互に動かしたりと、

足裏を強化してみてください。私は、湯船につかってやっています!

IMG_0912.jpg

歩行時に、後ろ足が上がる時に小指側に傾いていないかもチェックしてみてください

写真↓のような歩き方だと、お尻、内ももが使えていない場合が多いです。
IMG_0600.jpg

立っている時に重心位置を確認したり、歩いている時に、後ろ足が真っ直ぐ上がっているかなどを

意識することってとても大事なのです

電車やバスを待っている時、信号待ちをしている時に、意識してみてくださいね。

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko



// ホーム //