FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_1013504551.jpg

トレーニングをしていると、色々なパーツに変化が現れます。

脚が長くなったね。と周囲の人に言われる方がおられますが、

お客さまを見ていても、そう思う事がよくあります。

そうなるようにトレーニングをしていただいているのですが

脚が長くなったとかウエスト位置が高くなったとか言われると、

すごく嬉しいですよね

脚が長くなるのは本当なのかな~て思う方も多いと思いまうすが、

各パーツがその方の1番いい位置になれば、見え方がかわるので、

脚が長くなったね~となるわけです

脚が長くなった方は、ヒップアップしていて、太もも付け根が細くなっています。

逆にいうと、筋肉の衰え、骨格ラインの崩れで、

脚が短く見えてしまっている方もおられるということになります。

お尻が下がって、太ももとお尻の境目がなくなってるいると、

当然、脚は短く見えてしまいます。

お尻が下がってる原因を探っていくと、

・お尻のインナーマッスルが衰えている

・お尻の表層の大きい筋肉が衰えている

・骨盤の緩み、仙骨前傾に働く筋肉が弱い

・太もも裏の筋肉の衰えや癒着

などが上げられます。

これらにアプローチしていくと、ヒップアップ、太もも引締まり、脂肪燃焼、

脚が長く見える!となるのです

どこを狙って鍛えるかが大事となりますし、脂肪燃焼運動も大事となります。

女性の下半身痩せは、努力と根気が必要ですね

後は、栄養状態が大きく関わってきます!

筋肉をつくる材料、脂肪燃焼システムを動かす栄養など、

増やす必要のある栄養素もあります。

食事を減らすことばかり考えてはダメなのです。

寒くなってきたので、お尻、脚を動かして筋力アップとスタイルアップを目指してくださいね

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング


Body make studio Bonita Junko





美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_192642890.jpg
お尻のラインを変えたい時、

股関節が良い位置(中心軸を保って)で動くことが大事となりますが、

筋肉の衰えや靭帯が固くなってくると、股関節の動きが悪くなったり、

支える筋肉の働きのバランスが悪くなったりして、太もも、お尻のラインが崩れたりと

見た目に影響が出てしまいます。

例えば、股関節の中心軸を保ち、正しい可動域でのスムーズな動きには、

深層外旋六筋の働きが重要となります

この筋肉が衰えることで、代償運動として大腿筋膜長筋の働きが強くなることが多いのです。

daitaikinmakutyoukin.jpg
↑大腿筋膜張筋

そうすると、日常の動作でも大腿筋膜長筋がメインで働き、

エクササイズで、更に発達して、筋肉太りすることもよくあるのです。

太もも上部横が張り出して太く見えてしまいますからね。

股関節の可動性と安定性に働く筋肉を活性化させていくことが大事となります

それから、ヒップアップや太もも引締めのエクササイズが効果的に行うことができます。

下半身のエクササイズをする時に、深層外旋六筋の活性化はとても重要で、

外せないエクササイズとなります。

お尻メイクや太もも引締めには、慎重にトレーニングしてくださいね。

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

rfac+Bonita 整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko









美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_82709011.jpg

栄養の話が続いたので、今回は、ボディメイクエクササイズも入れてのお話にします。

夏も終わり、長袖を着だすと、二の腕もすっかり隠れるのでそれほど気にならなくなりますね。

でも、冬の間はたるみやすい時期でもあると思うのです。

寒くなると、無意識に背中を丸くして過ごしている方も多いと思います。

この背中を丸くする姿勢の時間が長くなると、背中側の筋肉が衰えてきます。

背骨が丸くなっている時は、肩甲骨が前に倒れ(前傾)外側に向きます(外転)

さらに腕も内側に向いてしまいます。

二の腕は肩甲骨と二の腕にくっついてる筋肉が衰えると、たるんでくるのです。

なので、寒い冬こそ猫背姿勢に注意が必要となるのです。

そして、二の腕のたるみは筋肉を鍛えることをしないと引き締まらないことは

皆さんご存知だと思います。

でも、栄養が十分に無いと、筋肉はつくれません。

筋肉はたんぱく質だけで出来ているわけではないのですよね。

ぶどう糖も必須材料なのですよね。

で!今、ふとぶどう糖で思い出したのですが、

よく、仕事の合間に甘い物(チョコやクッキーなど)を食べる方おられますよね。

脳のエネルギーが減ってくると、甘い物を欲すると言われますが、

お菓子は、砂糖が半分以上入っているので、ダイエット中には、避けたいのですよね。

そこで、何を食べるかですが、ラムネを何粒か食べると良いかと思うのです。

ラムネは90%以上がぶどう糖で出来ているそうなので、血糖値の上昇も穏やかだし、

空腹時でも少量だったら脳のエネルギーとして使われて、中性脂肪となるまでには

いかないと思うのです。

あ~めちゃくちゃ話がそれましたが、

冬こそ、バランスの良い食事と姿勢を整えながらのボディメイクをするのが大事かと思います。

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko








美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_174757586.jpg


脳の神経細胞がつくり出す<嬉しい、楽しい、悲しいなど〉の感情にも栄養が必要なのですよね。

神経細胞から神経伝達物質であるホルモンが適切に分泌されることで、

落ち着いた感情、こころの健康が安定し保たれるそうです

神経伝達物質がつくられる過程でビタミンB群や亜鉛などが重要な働きをしているので、

栄養が不足すると、幸せホルモンと言われるセロトニンや睡眠に関わるメラトニンなどが、

つくれず、身体と心に影響が出てしまうのです。

特に、ビタミンB6、ビタミンB3は様々な反応に関わっているので、

バランスよく食べることが大切となりますね

ビタミンB群は、神経伝達物質の材料となるだけでなく、その他にも重要な働きがあり、

身体の材料ともなっています。

ビタミンB群は単体で働くのではなく、8種類が一緒に関わって働くそうです。

なので、ビタミンBは8種類のバランスのとれた食事が大事となります。

肉、魚、納豆、枝豆、ごはん、などに含まれています。

腸内の細菌からも合成されるみたいですが、

腸内環境が悪かったらどうなんどろ~と思ったりもします。


それから、それから、アルコール分解にも

ビタミンB1、ビタミンB3、ビタミンB6などが、使われすのです。

摂取した栄養は脳が最優先なので、アルコールを飲むときは、

分解に使われる量も考えて食事内容を決める方がよさそうに思います。

お酒をちょっと多く飲む時は、マグロ、カツオ、サンマ、豚肉などを食べると良いですね。

バナナもビタミンB6が豊富なので、朝、バナナを食べる、食後に食べるなども

良いかもしれませんね

ダイエットにアルコールを飲むのは良くない理由の1つに、

ビタミンB群の働きが関係しているのですが、

それについては、また次回に書きたいと思います。

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_70247515.jpg
前回の続きです。

ぶどう糖が脳の大事なエネルギーということが分かったところで、

次に、炭水化物を抜いている間の脳のエネルギーはどうなっているの?

と疑問が生じますよね。

脳にとって必ず必要なぶどう糖、生きていくために必要不可欠なぶどう糖が

不足すると、糖新生という反応が体内でおこります。

筋肉⇒『分解』⇒たんぱく質⇒アミノ酸⇒『糖新生』⇒ぶどう糖

と、筋肉を利用してぶどう糖に変換して、脳のエネルギーなどに使われます。

なので、当然、筋肉は痩せて落ちてしまいます。

1gのぶどう糖を得るためには、2gのたんぱく質が分解されることになるようです。

がんばってトレーニングをしても、筋肉がついて引き締まった身体どころか、

筋肉が落ちて、やつれてしまうだけなのです。

ダイエットする時は、完全にぶどう糖を抜くなんてことをしてはいけないことがわかります。

次に、体重は落ちたけど…リバウンドした。についてです。

食べなければ当然体重は落ちます。健康的ではないけれど!

例えば、筋肉が1kgなくなると、たんぱく質は水と一緒に存在していることから、

体重でいうと3~4kg減ると言われています。

なので、成功したように思えますが、実際は身体に負担をかけていただけかもしれません。

当然、炭水化物を食べる食事に戻します。反動で食べ過ぎることを抜きにしても、

筋肉を分解して落としてしまった分、最初にお伝えした、筋肉に貯蔵するぶどう糖の量も減るわけです。

なので、余剰分が増えて中性脂肪として蓄えられます。

エネルギーを生成するシステムにも影響が出ていることも考えられます。

こういった流れで、ダイエットに炭水化物を抜き過ぎることが身体にとって良くないことが、

わかります

炭水化物だけを取り上げましたが、

色々と探っていくと、面白いですね

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップが大事です!

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko
// ホーム //