FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_60181330.jpg


今年もBonitaにお越し頂きましてありがとうございました。

来年も、年齢関係なく、女性の健康と美容のお役に立てるように、

より一層努力してまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

BonitaJunko

美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_100939987.jpg

脚が細くなりたいという女性の願いは、

いつの時代も変わらない美のテーマですね。



細くなりたいという言葉の中には、

脚のラインも綺麗になりたいという思いも含まれているのかな?

と思います。

脚が細くなってもラインが変わらなければ美脚とは言えませんよね。

美脚に見えるラインづくりも大事となるのです。



股関節が本来の位置からずれてしまうと、脚のラインが崩れます。

股関節を支え、動かす役割のある筋肉がお尻の内側にあるのですが、

日本人女性に多い内股は、これらの筋肉が弱くなっている方が多いのです。


脚のラインには、お尻の筋肉の働きが大きく影響しているのです。


もう一つ気になるのが、足関節です。

踵の真ん中に荷重した時に、足首が正しい位置からずれてしまっていると、

膝下のラインも崩れてしまいます。

足首の太さがが気になる場合は、足関節の底屈・背屈の可動域が小さく、

足首を引締める関節の働きが弱くなっていることや、血行、リンパの流れがわるく

むくみがあったりします。

脚のラインづくりには、筋肉の強化が必要となります。


太もも、お尻下などがたるんでしまうと、脚のラインは崩れるので、

筋肉の弾力と肌の弾力を保つように、お家でのケアを頑張りたいですね!

関節の柔軟性のためには、弾力のある肌を保つことも大事です。

ガチガチに固まった肌のままだと、可動域が小さく、

筋肉も十分に働かないですからね。

肌、筋肉、どちらも弾力が必要となるのです。

クラムでお尻の内側の筋肉を活性化させる

カーフレイズでふくらはぎ内側の筋肉を鍛える

オイルマッサージなどで、足首の皮膚層、脂肪層の癒着を除くなども

冷え、むくみ対策にお家ケアに取り入れてみてくださいね

体験レッスンしております。

RRR+Bonita 整える大人女性の美ボディメイクトレーニング



Body make studio Bonita Junko







美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_1035751687.jpg

最近、話題の多裂筋!

多裂筋は、姿勢維持とヒップアップのためには、

絶対鍛えないといけない筋肉のNO1なのです

腰部多裂筋は腰、骨盤の安定に重要な筋肉で、

関節が柔軟に出来ている女性には、

しっかり鍛えることをおすすめします。

腰部多裂筋は六つの個所で付着しています。

腰椎と腰椎、腰椎と仙骨、腰椎と寛骨などです。

ヒップアップには、腰椎下部と仙骨にくっついている

筋肉繊維が特に重要となります!

Instagramに多裂筋の活性化エクササイズをいくつか

紹介しています。

よかったらホームページから見てください(*'▽')

Bonitaで使っているCore Cradle(エクササイズツール)は

筋肉の収縮感覚が分かりやすく、

多裂筋の強化にとても便利なツールとなります。

ツールが無い場合でも、お家でいくつかのパターンを組み合わせて鍛えると良いです。

その後に、お尻の筋肉を鍛えると、ヒップアップを効果的に行えます。

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko





美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ!

shutterstock_414390961.jpg

忘年会や年末年始は、普段よりも食べる量が増えますね💦

とても分かりやすくお腹が出てしまいます(笑)

腹筋エクササイズで締めて燃やさねば…

そこで、下腹にしっかりと効くように、

カップリングモーション(連結運動)を意識しながら腹筋を

していたら、おヘソのしたに効きました。

が、いきなり意識するのは難しいですから、

良い方法はないかと考えていて、

ちょっと試してみたいことが浮かんだので、

効果的だったら、いつものエクササイズに取り入れようと思います

腹筋エクササイズの苦手な方が多いと思いますが、

簡単な内容からコツコツ筋肉を鍛えていくことが大事かと思います。

継続は力なりです。

自宅でコツコツすることも大事ですよ

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko



美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_1112736134.jpg
40歳を過ぎると、色々なパーツが気になりますね~💦

こんもり丸く脂肪のついた背中が気になる方も多いかと…

背中を引締めていくには、

背骨の関節の可動性を高めることが、大事なポントとなります!

猫背姿勢で背骨の関節がガチガチになっていると、

筋肉の働きも十分に起こらないので、トレーニングをしても

背中の幅が変わらないケースもあります。

女性の場合は、男性のように、ガッチリした、肩、背中を

目指しているわけでは無いと思うので、関節の柔軟性も大事なのです。



背骨の関節と肩甲骨と腕の関節との連動がスムーズにいくこと、

トレーニング効果もぐ~んと上がるのです。

なので、関節が硬いままで鍛えるのは効率が悪いのです。

関節1つ1つの可動域は、そんなに大きくないけど、全部がうまく動くと

ボディメイクがし易いのです。


先日、セミナーに参加してきました。

内容は、関節可動域が広く柔軟に動けるパーターン(カップリングモーション)

について学んできました。

頭がこんがらがりました(笑)

でも、なんと楽しい。人間の身体ってすごいです。

女性のボディメイクは関節の可動域、とても大事です!

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイク

体験レッスンしております。

Body make studio Bonita Junko










美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

shutterstock_106530437.jpg

仰向け寝になった時に、ウエスト部分が横から見ても

【く】の字になていたいですね

そんなに細かく気にしている方は少ないと思いますが、

仙骨の角度と胸郭の角度を整えて筋肉を鍛えていくと

仰向けになった時にも綺麗なラインが出てきます。

40代後半のお客さまがどんどん【く】が出来ておられます

自宅での腹筋エクササイズは欠かさずされているとの事!

やっぱり、継続は力なりですね。。

レッグツイストを入れるとやっぱり、くびれには効果的ですね(*'▽')

脚を横に倒さないといけないので、ちょっと場所をとりますが、

ぜひ、お家エクササイズに取り入れてくださいね

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

体験レッスンしております。

Body make stuido Bonita Junko
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_129051215 - コピー

骨格の形によってお尻のラインも人それぞれですよね!

自分の1番良いラインにあるかどうかというと、

ほとんどの女性が、自分1番のラインで保ててはいないと思います。

筋力低下、重力の影響で、姿勢や骨盤の位置が保てなくなるのです。

そうすると、お尻も下がります。


お尻づくりには、

バランスを崩した姿勢から整えていきます。


特に、腰部の安定に関わり、骨盤を引締める働きのある筋肉の強化から

始めます。いつもお伝えしているように、仙骨前傾がヒップアップと

腰からお尻のカーブづくりに必須となるのです。


お尻づくりなので、直ぐにお尻の筋肉強化に進みたくなりますが、

まだ、やることがあります。

それは、腹横筋、骨盤底筋を意識して強化することです。

骨盤の前を内側に閉じる働きのある筋肉(腹横筋)の強化と

仙骨が下がるのを支える働きのある筋肉(骨盤底筋)の強化も大事となります。

こーして、骨盤が整ったら

お尻の筋肉強化スタートです!

お尻の筋肉も上部と下部に分けて鍛えると良いかと思います。

お尻と太ももの境目が気になる場合は、

お尻のインナーマッスルをしっかり狙うのが大事ですし、

お尻のボリュームを落としたい場合は、自重エクササイズで

鍛えることから始めた方が良いですね!

お尻づくり体験レッスンしております。

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko









// ホーム //