FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴14年!あっという間に46歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_1012517551.jpg

緊急事態宣言が延びましたね。

医療機関のことを考えると必要ですよね。

今回は、お家エクササイズをされている方にヒップメイクについてお伝えしますね。

ヒップメイクは腰のカーブも大事なポイントとなります。

いくら大殿筋を鍛えてもカーブがないとヒップアップして見えなかったり、

しっかりと大殿筋に効かせられなかったりします。

このカーブは、仙骨の角度の影響を受けています。

日本人の場合35度位前傾しているのが理想的かと思います。

ですが、この前傾を保つための筋肉が衰えて姿勢が崩れると、

仙骨の角度はどんどん後傾していき、カーブが無くなってペタンとしたお尻になってしまうのです。

骨格の形でお尻の形はみんな違いますが、それぞれに仙骨の角度の影響は大きいと思われます。

この仙骨の前傾に働く多裂筋の強化は、お尻メイクに必須となります。

十分に多裂筋を活性化してからの、お尻筋のエクササイズを取り入れると

お尻メイクが効果的となります。

yjimageLY3HEZPQ.jpg

うつ伏せになって両足を持ち上げる動きで鍛ることができるので、

動きとしては簡単です。

多裂筋の収縮を意識しながら行えばバッチリです。

taretsukinJB.jpg

この筋肉が強化されると腰からお尻のカーブができるのです

筋肉には仙腸関節の柔軟性も必要かと思います。

Bonitaでは、関節の可動性を取り戻しながら、必要な筋肉の反応を高めて、強化していくようにしています。

固く可動域が狭くなった関節、反応が鈍くなって弱くなった筋肉の働きを高めることは、

あっという間に!とはいきませんが、

何もしないと、どんどん固まって姿勢、スタイルを崩すことになるので、

骨格ラインを整えることを大事にエクササイズをお伝えしております。

皆さまも整えることを意識されてみてくださいませ

rfca+Bonita整える大人女性の美ボディメイク


Body make studio Bonita Junko




美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_192642890.jpg
お尻のラインを変えたい時、

股関節が良い位置(中心軸を保って)で動くことが大事となりますが、

筋肉の衰えや靭帯が固くなってくると、股関節の動きが悪くなったり、

支える筋肉の働きのバランスが悪くなったりして、太もも、お尻のラインが崩れたりと

見た目に影響が出てしまいます。

例えば、股関節の中心軸を保ち、正しい可動域でのスムーズな動きには、

深層外旋六筋の働きが重要となります

この筋肉が衰えることで、代償運動として大腿筋膜長筋の働きが強くなることが多いのです。

daitaikinmakutyoukin.jpg
↑大腿筋膜張筋

そうすると、日常の動作でも大腿筋膜長筋がメインで働き、

エクササイズで、更に発達して、筋肉太りすることもよくあるのです。

太もも上部横が張り出して太く見えてしまいますからね。

股関節の可動性と安定性に働く筋肉を活性化させていくことが大事となります

それから、ヒップアップや太もも引締めのエクササイズが効果的に行うことができます。

下半身のエクササイズをする時に、深層外旋六筋の活性化はとても重要で、

外せないエクササイズとなります。

お尻メイクや太もも引締めには、慎重にトレーニングしてくださいね。

健康な身体をつくりながらダイエット&スタイルアップ

rfac+Bonita 整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko









美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_265076276.jpg

久しぶりにマイベストプロコラムに投稿しました。

お尻メイクのポイントを書いたので、よかったら見てください。

身体づくりは決して楽ではないです。

自分の身体に敏感になり、チェックをしながら変化が出るまでやり続ける。

そこまでの道のりは、年齢、個人差によって違います。速い方、遅い方が

おられるのは自然なことで、誰もが同じスピードではないのです。

ボディラインを変えるのは、簡単なことではないです。

努力と継続が必要です。

でも、やり方が間違っていたら、その努力と継続が台無しとなります。

そうならない為に、美ボディメイクパーソナルトレーナーが存在します。

遠回りしない、女性の為のボディメイクトレーニングの

サポートをBonitaは行っております。

Body make studio Bonita Junko











美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_628591739.jpg

お尻のたるみを気にされている方も多いと思います。

お尻の下部ラインが本来の位置より5㎝位下がっている女性も多いそうです。

なぜ下がるのか?

大きな原因の1つに、

ハムストリング(太もも裏筋肉)と大殿筋下部繊維の癒着が起こっていることで、

ハムストレインぐがお尻を引っ張り下げてしまうことです。

股関節の伸展動作が少ない生活では、ハムストリングと大殿筋の癒着が起こりやすく、

大殿筋のたるみによってお尻のラインを崩してしまいます。

ハムストリング


お尻の表面の筋肉、大殿筋の筋長が保たれて、きちんと働くことで、

お尻が引締まります。

なので、お尻づくりには、ハムストリングとの癒着を剥がすエクササイズも大事となります。

短縮、伸長のトレーニングを組み合わせて行うと良い感じです!

それにしても、長時間座っていると、お尻筋、ハムストリングが衰えるだけでなく、

癒着が起こり、お尻を5㎝も下げてしまうなんて…

悲しすぎますね。

お尻を鍛えだして、脚伸びた?と言われる方がおられますが、

ハムストリングと大殿筋の癒着が剥がれ、筋長が整ったことで、

お尻の位置が上がり、脚が長くなったということです

お尻づくりもなかなか奥深いです~(笑)

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_208850587.jpg

時々、お尻の筋肉をいつもより刺激をガツと入れます(笑)

年齢とともに筋肉は衰えるのは自然なことだけど、

若い頃から、ず~っとお尻について考えてきたので、

これからも、諦めず続けていきたいと思います。

来月46歳になります。

私は、30歳から鍛え始めました。

今まで続けてこられたことに感謝しています。

ただただ、綺麗な姿勢とヒップアップがしたいという思いで、

続けてきました。執念深いです(笑)

そして伝えたいとお仕事にしました。

色々ありました。

最初は、思うように身体が変わらず、失敗もありました。

悩んで、勉強して、女性らしさを無くさない鍛え方を続けてきました。

脂肪と筋肉のバランスや

身長や、見た目の印象など、その人にマッチした身体づくり

をお伝え出来るように、自分の身体で試してきました。

40代も後半突入!

でも、これからも女性の美ボディメイクのお役に立てたら

やっぱり嬉しいな~

Instagramにベンチヒップスラストをアップしました。

これをやる前に、必要となるエクササイズがいくつかあるので、

いきなりはしません

よかったらホームページから見てくださいね

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko

// ホーム // 次のページ >>