FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴14年!あっという間に46歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_229419709.jpg


数年前から話題になっているプラスサイズモデル

について、多くの女性はどう感じているのだろう。。

とふと思いました。

ビクトリアズ・シークレットがプラスサイズモデルを起用してたり、

日本の下着ブランドのピーチジョンもリアルサイズモデルを募集して、

女性から良い評価を得ているみたいですね。

【ボディ・ポジティブ】 ありのままの身体、自分を愛そう

という観点に立って、様々な体型のモデルを起用するようになったのかな~

確かに、身長175Cm以上、手脚が細くて長く、体脂肪18%のビクシーモデルは

特別な存在で、少数だものね。憧れちゃうけど(笑)

それに、維持する為の努力はそうとうなものだと思うし、ストイックな性格も想像できる。

見た目の美しいスタイルのモデル、プラスサイズのモデル、

誰に憧れるかは、人それぞれの好みだから、ほんとに自由だと思う。

でも、姿勢を美しく保つことは、どの体型にも共通する美の要素だと思います

体重よりも、自分の1番美しいラインを目指すことは、本当に素敵なことだと思います。

そして、健康な身体をつくる食事の意識も。。これも皆に共通することですね

今回、載せてる写真のちょっとプラスサイズの女性は、

骨格ラインのとても美しい方だと思います素敵

Body make studio Bonita Junko






美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです。
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_59836255.jpg

呼吸には腹式呼吸と肋骨呼吸(胸式呼吸)がありますが、

安静時は腹式呼吸で運動時は肋骨呼吸がメインとなります。

活動時はどちらも使われています。

呼吸に働く筋肉の代表は横隔膜ですが、

この横隔膜は骨盤底筋群、腹横筋、(多裂筋)とともに、

インナーユニットと呼ばれている、身体の深層にある筋肉で、

協調的に活動をしていると言われています。

骨盤、腰部の安定、姿勢の維持に関わる大事な筋肉です。

このインナーユニットが正しく働いていないと、

腹圧性尿失禁などのトラブルが起こりやすいとも言われています。

40代以降にみられることが多くなるようなのですが、骨盤底筋群が衰えているだけが原因とは

考えず、インナーユニットの機能低下で起こるととらえた方がよいようです。

なので、全部を活性化させていくことが大事となるのです。

息を吸うと横隔膜が収縮して骨盤底筋群と腹横筋は弛緩します。

息を吐くと横隔膜は弛緩して骨盤底筋群と腹横筋は収縮します。

【動画】肋骨の内側についていて上下に動いているのが横隔膜です。

大きく肋骨呼吸を行うとコレだけの筋肉が使われているのですよね。

動画を見ていると、インナーユニットの活性だけでなく、

胸郭の柔軟性もとても重要なのではないかと思えてくるのです。

例えば、肋骨の柔軟が低下していたら、横隔膜の働きも低下することが考えられるからです。

そうなると、やっぱりっ胸郭の柔軟性を高めることは必須となるのではないかと思うのです。

腹圧性尿失禁で悩まれている方がおられたら、

胸郭柔軟性とインナーユニットの活性化で改善されたらよいな~と思うのです。

なんだか、まとまりのない話になりましたが、

横隔膜を鍛えることを取り入れてみようかと思ったのでした。

Body make studio Bonita Junko

https://youtu.be/O3nLJgRO-d8

美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_481502263.jpg


二度目の緊急事態宣言が発令されましたね。

お家でお仕事をされる方も多くなると思いますので、

1回目の自粛生活の間に、身体のトラブルが起こった方の

ケースと予防をお伝えしますね。

◇腰痛、仙腸関節周辺が痛くなるなど、腰に違和感。

お話をお聞きしていると、座っている環境の問題かと思います。

ダイニングチェアーに座ったり、畳、床で正座や横座りをされていたりと、

無理な体勢で長時間パソコンに向かってお仕事をされている結果、

腰に負担がかかったり、骨盤のゆがみに影響が出て痛みや違和感が出てしまわれることが

多いようです。

腰部を安定させる筋肉が弱くなっているのと、左右差が出ていることが考えられます。

なので、予防としては、仙腸関節の柔軟と多裂筋を活性化して働きを高めることが必要となります。

多裂筋強化のエクササイズはInstagram”bonitajunko917に投稿を見てね



shutterstock_275741552.jpg


◇膝や足の甲の痛み、違和感。

前回の緊急事態宣言時には、ウォーキングをされた方も多いと思います。

いきなり長距離を歩いて、膝が痛くなった方がおられました。

歩き方の問題も大きかったことが考えられます。

内股で歩いておられる方で、膝の痛みや違和感の出る方が多いので、

歩く時は、足をまっすぐ出す、もしくは5度位外向きに着地して歩くようにされてください。

そうすると、膝への負担が軽減されると思います。

あと大事なのは、靴です。

フラットな靴でも、スニーカーなどのウォーキングに適した靴でないと、

足に負担がかかり、足の甲に痛みが出るといった方も数名おられました。

関節の可動域を広げ柔軟にする(手技で)と改善されていました。

なので、いつもより長く歩かれる時は、スニーカーを履いてくださいね。


senchoukansetsu.png

仙腸関節、小さな可動域しかありませんが、とても大事な関節です。



rfca+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイク


Body make studio Bonita Junko











美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_720114985.jpg
お家で腹筋やスクワットなどのエクササイズをされている方に

おすすめエクササイズがあります。

お家でエクササイズを始められた方が、

Bonitaの体験レッスンにお越しくださると嬉しいです

お家でエクササイズされる方に、役立ててもらえるように、

気になる部分を中心に、お家で出来るエクササイズをお伝えしています。

そんな時に、お家でやっているエクササイズを教えて頂けると、

そのエクササイズの前後に適した内容をプラスしてもらうなど、

プチメニューが作れます

例えば、ヒップアップにスクワットをしている。とお聞きしたら、

スクワットの前に、

骨盤の引締めを入れます。

股関節の動きにに関わるエクササイズを2種類程入れます。

ウエスト引締めに腹筋をしている。とお聞きしたら、

腹筋の前に、

胸郭の柔軟に関わるストレッチをツール(cradle)を使って数種類入れます。

そうですよね~

お家にはCradleが無いので、出来ないですよね。。

で、今回おすすめしたいエクササイズは、  ポールを使ったエクササイズです

ポールです↓↓
9439b7c276f816dea9d1d519ef104f09.jpg

背骨と肋骨の可動域が狭くなっていると、

綺麗に胸が張れなくなります。

綺麗な位置で腹筋を鍛えないと、

ウエストラインが締りにくいのですよね。

せっかく腹筋エクササイズをお家でやっていても

効果が出にくいと残念ですから、ぜひポールをお持ちの方は、

取り入れてみてくださいね。お値段も5000円前後から10000円前後と色々あります。

姿勢が悪く関節が固くなっている方は、可動域がでるまでちょっと痛いとおもうので、

ソフトタイプが良いと思います。You Tubeでも色々見れると思いますが、

Bonitaの体験レッスンでもお伝えしますね。スマホで撮っていただいてOKです!

お家でエクササイズをされる時にぜひぜひやってみてくださいませ

rfac+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko












美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_303136862.jpg

先日、46歳になりました

1年てあっという間ですね~今年も半年経ちましたし…

体型の大きな崩れは無かったですが、

45歳から食事を一般的なトレーナーが好む食事から

普通の食事に戻して生活しておりました

少し脂肪量は増えたかもしれませんが、燃焼システムは好調なようで、

一部分に付いた感じもなく、体型のバランスは保てています。



以前は、何年も家にお砂糖を置いていませんでした。

ほぼ自炊の生活なのに、お砂糖を使った料理をしないという生活で、

お砂糖は、スイーツを食べる時や外食時のみでした。

今までは、トレーナーとして身体をつくる材料として、食事をしていましたが、

自分に合った楽しめる食事内容をもう一度見直しました

身体が喜ぶ物を食べる為に、ちょっとした拘りをもって、料理をしています。


先日、生姜シロップと梅シロップを作りました。

お砂糖たっぷり使ってです。

飲むタイミングや量の調整は、していますが、

40代後半は、美容、健康の為に作る楽しみ、食べる楽しみと、

スタイル維持の為のエクササイズを楽しく、頑張りたいと思います


若い時なら、細胞も元気で生まれ変わりもスムーズなので、

少々の食べ過ぎや偏った食事でも、元気に楽しく過ごせていたと思います。

でも、年齢を重ねれば、細胞は老化していきます。

代謝も落ち、体型や体調にも影響がでるのです。

年齢を重ねるごとに、食べ物の質と量の見直しが重要となってくるかと思います。

なので、40代半ばからの身体づくりは、

適度な脂肪と筋肉を維持し、綺麗な姿勢でスッとスタイルを美しく、

健康的な明るい印象の女性を目指すボディメイクが理想的かと思います。


体型が気になるタイミングは、皆さんそれぞれちがいますが、

気になったら直ぐに、エクササイズ、食事の見直しを始めてくださいね。

継続することで、次の年代が変わってきますから


やっぱり自家製、無添加ジンジャーエールは美味しいですね

自分でつくると、お砂糖の量にビックリしますが、

だから、飲み過ぎにも注意ができますね


rfac +Bonita大人の女性の美ボディメイク

体験レッスンしております。 気になるパーツをお伝えくださいね。

Body make studio Bonita Junko









// ホーム // 次のページ >>