FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_360928592.jpg

骨盤を締めることは、女性のボディメイクに必要で大事だと、

みなさんご存知だと思います。

中には手技による骨盤の調整をされている方もおられると思います。


骨盤のゆるみ、ゆがみを整えて

締りの位置で、可動性があることが重要だと考えております。

その良い状態で

下半身のエクササイズやウォーキングをすると

間違いなく効果が上がると思います。

私はウォーキングをしていても仙腸関節の動きを確認したりもします。

Instagramに骨盤の引締めと可動性アップのエクササイズを投稿しました。

とても簡単な動きですが、他のエクササイズと組み合わせて行うと

柔軟になっていくと思います。

体験レッスンしております。

よかったらホームページからInstagramを見てください(*'▽')

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイク


Body make studio Bonita Junko







美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_275741552.jpg

急に寒くなってきましたが、

お天気も良いのでウォーキングを再開しました。

6月~10月まで歩けていなかったので、

夏は、体重の変動が無いので大丈夫なのですが、

秋~春までは、私の身体は脂肪をためやすくなるので、

燃焼のためにウォーキングを積極的に取り入れています。

ウォーキングには、私流があります。

必殺!イケてる女子アピール速歩き(笑)図々しいか

とにかく速く歩く

胸をはってお腹を締めて綺麗な姿勢で歩く
  
呼吸を忘れないように(注)

腕は前に振らない、しなやかに後ろに引く

良い姿勢を保ちながら歩くと、その間に筋肉の長さが整って

脳が綺麗な姿勢を覚えていってくれるので、歩く時は姿勢を崩さない事!

股関節の伸展を十分に起こして歩いていると、お尻と太ももが鍛えられるので

ヒップアップや太もも引締めにも効果的!

腕を後ろに隠すように歩くと、

姿勢の維持や、二の腕の引き締めにも効果的!

見た目もかっこいいですし。

私流の歩き方なので…

好みの歩き方でよいと思いますが、

とにかく速く歩くことが大事です

後は、信号の無いところや少ない道が良いです。

信号待ちをすると、スピードが下がるので、


ウォーキングには、どの筋肉を意識すればよいかも大事となります。

お尻の筋肉が使えるように、準備運動にクラムなどをしてから

歩くと良いですよ

ウォーキングを習慣にして毎日のように続けていると、

細胞の中のミトコンドリアの数が増えると言われています。

ミトコンドリアはエネルギーをつくる工場なので、

数が増えれば、同じ時間を歩いていても燃焼量が増えますね!

継続は力なりです

お尻の筋肉を鍛える時はBonitaへ

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko




美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_106530410.jpg

足首太りの悩みについて考えてみました!

例えば

脂肪が付いて足首太りしている、

むくんで足首太りしている場合は、

食事の見直しやエクササイズでの脂肪燃焼が

大事になりますが、

太っているわけじゃないのに、足首太りがある場合は、

足関節の開きが原因となっている場合が考えられるようです。

距骨


確かに、距骨が内旋している方を多く見ます。

距骨が内旋していると、動作の時に足首の関節(脛腓関節)に

引っかかり、ちゃんと関節が閉まってくれずに、開いた状態と

なってしまうのです。

それが、足首太りの原因となってしまうようです。

そこで、脛腓関節の動きに関わる筋肉強化エクササイズを

取り入れると良いことが分かりました。
でも、その前に、足の安定が大事となるので、

前にもお伝えしました。足裏の筋肉強化も忘れずにするほうが良いですね。

Instagramに動画を投稿しました。是非試してください。

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイク

Body make studio Bonita Junko






美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクでスタイルアップ

shutterstock_114326764.jpg

Instagramに動画を投稿したり、YouTubeに投稿したりするのですが、

SNSはそれほど得意ではないので、フォロアーを増やすという意識が全くなく…

HPやBlogを見て頂いたついでに、動画を見ていただけたらな~といった感じで

投稿をしているのです

でも、世の中的には、フォロアーが多い方が人気という認識になっているのかな~と

ふと思ったのです

でも、得意ではないので、このままでいこうかと思います

今度はどんな内容を投稿しようかな~

と考えているほうが好きなのです

少しでも、お家エクササイズに取り入れてもらいやすい内容をご紹介できたらいいな!

と思っております。

フォロアー少ない私ですが(笑)

マイペースでいいよとクライアントさまに言っていただけるので、

マイペースにいきたいと思います

昨日45歳になりました。

また1年がんばります。

宜しくお願いいたします。

Body make studio Bonita Junko
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_261927371.jpg

4月に入ったのに、なんて寒いんでしょう~フユヤン

でも、あっという間に薄着になるので、

背中、肩、腕の引締めエクササイズに取り組みましょう!

内側に向いた肩・腕

背中上部~腕の厚み

二の腕のたるみ

落ち込んだデコルテライン

気になる方も多いと思います。

お洋服を着た時の印象が変わりますからね。

ココは、綺麗にしたい部分ですね

鍛え方ですが、気になる部分を鍛える前に、

胸郭(胸椎・肋骨・胸骨)の可動性を高めることがとっても大事なポイントなります!

胸郭の柔軟性が低下すると、肩甲骨の動きも悪くなって、腕の動きにも影響するのです。

なので、背中が丸く、猫背姿勢のままトレーニングをしても、

背中、肩、二の腕がすっきりしないことが多いのです。


バストアップの為のトレーニングも同じで、胸郭、肩甲骨、肩の関節の

可動性が低下していると、自然に胸がはれた位置で維持できないのです。

なので、胸の筋肉を鍛えても、すっきりしたデコルテラインにならないのです。

女性のトレーニングは、関節の可動性を高めることが重要なポイントとなります。

shutterstock_743655118.jpg


結婚式に向けて半年前からBonitaへお越し頂いているMさまから

前にドレスを試着した時のデコルテラインと全然違っていて、肩が内側に向いていたのが

改善されて、肩、腕の厚みもすっきりしてきました。と喜んでいただいてます。

Tシャツを着た感じも違って、肩の幅が狭くなりました!と、ラインの変化を感じていただけて、

私も嬉しく思います。

Bonitaへお越しいただく前は、GYMで決まったマシーンを順番にこなしていく感じで、

鍛えておられたそうです。

でも、なかなか思った部分の変化が出なかったそうです。

背中、腕、デコルテなどのラインを綺麗にしたい場合、

自分だけでは、効果的に行うことが出来にくい部分かと思います。

美姿勢、デコルテ、腕、背中など、気になる部分の体験レッスンをお受けしております。

RRR+Bonitaの整える美ボディメイクトレーニング

Body meke studio Bonita Junko


















// ホーム // 次のページ >>