fc2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のために、美ボディメイクパーソナルトレーナー歴15年で得たお家エクササイズの効果を上げる方法をオンラインでお伝えしております。

美ボディメイクパーソナルトレーナー Junko 47歳

最近の記事
RSSフィード
リンク
こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです

shutterstock_154638926.jpg

体重を落としたい時には、運動と炭水化物のコントロールが必須ですよね。

私の炭水化物(糖質)制限は、

甘い物を減らす。

お砂糖の量を減らすことです!

夕食の主食は白ごはんにしているので、

量の調整がしやすいです。

朝食は食パン1枚を食べますが、お昼はほとんどが白ごはんです。

日々このような食事をして体重増減をコントロールしているのですが、

先週、3食がパンになった日があるのです。

夜に、シナモンロールなどの甘いパンも食べていたので、

翌日、太ったな~とすぐに思いました。

あきらかに全身がぽてっとしてしまいました。

食事を振り返ると、パンの塩分量、糖分量が多いため水分量も増えていたと思われました。

これはむくみに繋がるので、食べ過ぎだな~と思いました。

血中、肝臓と筋肉に蓄えられる量をオーバーしたことで、

脂肪に蓄えられ、完全に食べ過ぎだな~と思いました。

ウォーキングとエクササイズを行い、戻りましたが、

パンやパスタの量の調整がちょっと苦手です。

美味しいので、食べ過ぎてしまうのです(笑)

自分との闘いです(笑)

どのような食事をしたら体系に影響がでるかを把握するのも

大事だと思います。

48歳、更年期の影響、周期の乱れ、いつむくみが酷くでるかわからない。

今度はむくみについて書いてみよう

身体の本質プロジェクト認定 ダイエットコーディネーター Junko Takahashi

オンラインでパーソナルレッスン受付中

健康な身体づくりと体系維持のエクササイズと食事アドバイスを行っております。

Instagram bonitajunko917

お気軽にメッセージくださいませ
こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです

shutterstock_739147489.jpg

炭水化物ダイエットについて考えてみました。

多くの方が、炭水化物ダイエットと聞くと、

白米、パン、麺類、甘い物、アルコールなどをカットして

体重を減らす方法だと思われるのではないでしょうか。

でも、ここで炭水化物(糖質)の働きをざっくりでも知っていれば

きっと、ごはんやパンなどの主食を抜くことはしないと思います。

人が使う炭水化物は、

単糖の3つとなります。

ぶどう糖(グルコース) 果糖(フルクトース) ガラクトース です。

そして

☆ぶどう糖と果糖がくっ付いた物がショ糖(スクロース)となります。

スイーツにたっぷり使われているお砂糖ですね

☆ぶどう糖とガラクトースがくっ付いた物が乳糖となります。

牛乳の中の糖分ですね。

☆ぶどう糖がたいくさんくっ付いたものがでん粉となります。

主食となる、ごはん、パン、麺類ですね。

もう一つ、ぶどう糖がたくさんくっ付いた物に繊維があります。

これらを、脂肪に変わるか変わらないかなどを調べてみると

★脂肪に変わるものは、果糖、ガラクトース、砂糖、乳糖

★脂肪に変わらないものは、繊維

★一定量まで脂肪に変わらない物が ぶどう糖、麦芽糖、でん粉となります。

この一定量まで脂肪に変わらない、ごはん、ぱん、麺類のぶどう糖は、

脳のエネルギーとして使われますし、身体をつくる材料としても必要なものとなります。

一定量は個人によって違ってきますが、

脳は1日に120gのぶどう糖が必要となります。

白ごはんをお茶碗小盛110gで40gのぶどう糖が含まれるので、

3食白ごはんを食べると1日の基礎代謝分が摂れます。

でも、仕事をして脳や身体を動かしているので、

さらにぶどう糖が必要になります。


このように、ザックリと炭水化物のことを知っていると、

ダイエットをする時に、何を制限すればいいかがわかりますね

そうです、多くの方が大好きなスイーツです。

アルコールについても脂肪に変わるものに分類されるので、

この2つの制限をして、ごはんを必要量食べることが、健康な身体をつくりながら

ダイエットをする大事なポイントとなります


以前、オンラインレッスンでこのようにお伝えしたところ、

クライアントさまから 『白米を毎日食べても太っていないことに気づきました。』

『身体が元気になって楽になってきました。』 と嬉しい報告をいただきました。

身体は脳のエネルギーを優先するので、炭水化物(ぶどう糖)を制限しすぎると

体調不良などを起こすことにも繋がるのです。肌荒れなどもそうですよね。

ザックリとお伝えしましたが、炭水化物ダイエットをされる時の参考になったら嬉しいなと思います。

865E0102-A8E6-40B7-8436-3D475C2CC0FC.jpg
もうすぐ48歳(笑) 

自分の適量を探るべく、ぶどう糖量を3倍にした時の写真です↑

ちょっと増やしすぎたので、

減らして落ち着いたのがこちら↓

AD18FA87-014B-412E-A188-44CDCAF7EA52.jpg

健康な身体づくりのため

甘い物の制限をしながら体系を維持していこうと頑張っております。

でもでも、スイーツ美味しいのですよね~

身体の本質プロジェクト認定ダイエットコーディネーター Junko Takahashi

オンラインレッスン受付中です。

Instagram bonitajunko917











数か月ぶりの投稿となりましたー

ボディメイクパーソナルトレーニングのセッションを

1日に5,6人、週1日のお休みで15年間続けてきましたので、

年齢的にも少々身体に疲労が蓄積していたようで、

膝を痛めてしまい、しばらくのんびり過ごしておりました。

きっと若さでこなせていたのだろうな~

も~これ以上は無理だったかもしれないな~

今、振り返ってみて、毎日走り続けていたな~

本当にがんばった15年だったし、好きな仕事だから

出来たのだろうな~とつくづく思うのです。

これからは、今までに得た知識のアップデートを続けながら

オンラインレッスンを中心に1人でも多くの方のお役に立てれたらいいな~と思っております。


shutterstock_275741552.jpg

のんびり過ごしている間に、

身体の本質プロジェクトの本質ダイエットについて理解を深めるために

認定試験に挑戦してみました。

ベーシック、アドバンス、マスター、全て合格点をいただきました

勉強をすすめていく中で、自分の健康について再度考えなおしてみようと思いました。

今月48歳になります。

きっと同年代の方だと、気になる身体の症状が1つや2つあると思います。

更年期が関係する症状などもあると思います。

先日、姉が酷い貧血と診断されて、鉄剤を飲んでいると聞いたので、

色々考えみました。

きっと同じような方もおられると思います。

姉は仕事でのストレスが大きく、仕事とは関係のない自身の試験勉強などもあり、

精神的ストレスがピークに達しているのではないかと思っています。


ストレスが酷い状態では、抗ストレスホルモンの分泌量が増えるため

同じ材料で作られている女性ホルモンの材料が不足することが考えられます。

3食しっかりと栄養を摂っていれば、対応できるかと思いますが、

ぶどう糖の量が不足している場合が多いと思います。

ぶどう糖は、ホルモンの材料であるコレステロールをつくる材料となるのですが、

ぶどう糖は脳のエネルギーとして最優先に使われるのです。

ストレスの多いときは、思考に脳をたくさん使うので、その分、ぶどう糖の消費量も増えます。

脳がぶどう糖で飽和されていれば、残りで身体をつくる材料として使われますが、

脳のぶどう糖が不足していると、筋肉を分解するなどをして対応します。

身体を分解している時には、身体をつくれないので、当然、ヘモグロビンをつくることへも影響が出ます。

なので、貧血につながることも考えられるのです。

ぶどう糖の摂取はとても重要となります。


また、ストレスが大きいときには、活性酸素が増えます。

活性酸素は細胞を壊すので、身体の中には抗酸化システムがあり、身体を守っています。

でも、このシステムをしっかりと働かすためには、タンパク質、ビタミン、ミネラルが重要となります。

これらの栄養が不足していると、活性酸素を除去できず、どこかの細胞を壊してしまいます。

それが病気につながることにもなるのです。潰瘍など…

ストレスが大きくなっても身体が負けないように、しっかりと栄養を摂ることが大事となります。

でも、ストレスが大きいときは、交感神経優位なので、消化力が低下したり、食欲が出なかったりします。


お家で、腹式呼吸をしたり、アロマの香りでお部屋を満たしたりと、

交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えも大事となります。

皆さま、ストレスが大きいときは、5大栄養素をしっかりと摂取することです。

そしてビタミンCやミネラルなど食品から十分な摂取が難しものは、サプリを摂取するのも

いいと思います。

サプリが苦手な方だったら、ストレスが減ってきたら、普段の食事に戻せばいいのですから、

臨機応変に対応していくのが良いのではないでしょうか

長々となりました。

少しでも、お役に立っていたら嬉しいです。

Instagram bonitajunko917



























美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
健康な身体をつくりながら−5歳の引き締まりボディを手に入れる

shutterstock_275741552.jpg

脚のむくみがひどい方の中には、運動をして血流やリンパの流れを良くしても

なかなか改善されない方がおられたりします。

そこで塩分の摂りすぎかな?と思う方もおられると思います。

塩分を多く摂ると、血液の塩分濃度を調整するために水分をたくさん摂ってしまうので、

腎臓で水分量のコントロールが間に合わず、血管から出て細胞外液に溜まってしまうのです。

そうなると、運動をしても血液のように循環しないので、むくみが取れない状態となります。

そこで、水分を再び血液の中に回収する必要がでてきます。その時に働くのが

アルブミンというタンパク質です。

アルブミンが少ないと、細胞外液に溜まった水分を回収できないので、

塩分の摂りすぎと水分の急激な摂取を控えることも大事ですが、

タンパク質の摂取を意識することも大事となるのです。

女性は月経周期でプロゲステロンの影響を受け、食事量UP、保水量UPなどが起こります。

塩分の濃い物や甘い物の摂取が増えたりしますが、甘い物も塩分と同じように

血中の糖分濃度が高くなると、薄めるために水分量が増えて、腎臓での水分の処理が間に合わないと

細胞外液に溜まってしまいます。

塩分、糖分の摂取量に注意することと、細胞外液に溜まった水分の回収がスムーズに行えるように

タンパク質(アルブミン)不足にならないことが、むくみ対策に大事です!


もう一つ、タンパク質不足による他の原因のむくみもあるので、

次回は、それについてお伝えしたいと思います。

オンラインパーソナルトレーニング受付中です。

もう少しでHP完成なのですが、手間取っております(笑)

それまでは、

Instagram bonitajunko917からメッセージを送っていただけましたら幸いです

お気軽にご連絡くださいませ。

トライアルレッスン 45分 2750円(税込) 


参考資料 身体の本質プロジェクト






美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
健康な身体をつくりながら−5歳の引き締まりボディを手に入れる

shutterstock_314896133.jpg

ボディメイクエクササイズで大事なのは骨格ラインを整えながら鍛えること、

各関節の可動域を高めることがポイントとなります。

骨盤と仙骨、背骨と肋骨、肩関節、股関節など、それぞれがスムーズに動くように

ツールを使ってエクササイズを行うと効果的なのですが、

先日のオンラインレッスンでは、お客様がお持ちだということで、ポールを使って行いました。

ポールがお家にある方も多いと思います。

猫背姿勢の方や、肩こりなどの方がお持ちになっていると思います。

でも、いい使い方がわからなくて全然使っていないという方が多いと思います。

オンラインでもポールを使ってエクササイズをお伝え出来ますので、

お家に眠っているポールがあれば、ぜひご連絡くださいませ。

IMG_0158.jpg
背骨、肩甲骨、肩の可動性を高めるのに使えます。

関節の可動域を高めて、筋肉強化で背中の引き締めアップです

Instagram bonitajunko917にお気軽にメッセージをお送りくださいませ

1セッション 45分 ¥2,750

// ホーム // 次のページ >>