FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと基礎栄養についてお伝えしてます。美ボディメイクパーソナルトレーナー歴13年!あっという間に45歳。20~50代の方と日々レッスンしております。

kyoto Bonita♪ Junko 45

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_544581211.jpg

斜めや横から見た時のくびれラインは

とても魅力的だと思うのです

いつもBlogで使っているモデルさんの写真は

私の好みのくびれの女性を選んでます(笑)

45歳だけど、まだ憧れているのですよね~(笑)

モデルさんたちは、しっかりと胸(胸郭)を引き上げていて、

腹斜筋、下後鋸筋を引締めていはります。

そして、もう一つ大事なのが、仙骨をしっかり前傾させて

お尻~腰のカーブをつくってはるのです。

そんなモデルさんのような、くびれをつくる為に、

仙腸関節の可動性を高め、

背骨の柔軟性も高めます。

関節がスムーズに動くと、

仙骨の前傾(引き上げる)に関わる筋肉を

綺麗に鍛えることが出来るのです。

いつも腰を丸くして座っていると

腰骨の小さな関節の動きも悪くなってしまうので、

くびれづくりの為にも骨盤を良い位置で維持することも大事となるのです。

脂肪が多い場合は、食事のコントロールは必須です!

2F955C7D-713B-4207-9357-E6838BD0AA9E.jpg
朝1の腹筋

夜にむかってだんだんとお腹が出てきます(笑)

毎朝チェックして、

食事の調整やその日の腹筋の回数などを決めます。

何歳まで維持できるかな~49歳までいけるかな??

体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング



Body make studio Bonita Junko










美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_471994786.jpg

くびれづくりに大事だな~と思うのが、

胸郭アライメント

大きく息を吸った時に

胸(肋骨)が引き上がって、肋骨下部は開きます。

この動きが、小さくなっている女性が多くおられます。

肋椎関節(肋骨と背骨)の動きが

悪くなっているということになるのですが、

この関節の動きが悪くなっていると

しっかり胸を引き上げることが出来なくなり、

デコルテラインが崩れてしまいます。




息を吐いた時は、

肋骨下部は下方回旋して、肋骨が内側によります。

でも、下方回旋に働く筋肉が弱くなっていると、

ウエスト幅が広く見えて、くびれラインが崩れてしまいます

胸郭の可動性を上げることと、

良い位置で維持する為の筋肉強化が、

くびれをづくりには、重要となるのです。

胸郭の可動性を高めるために、

Bonitaでは、Core Cradleというツールを使っています。

ポール使うのも良いかと思います。

ホームページのインスタグラムページに

エクササイズも紹介していますので、

よかったら見てくださいね

体験レッスンしております

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko




美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

w621_They-All-Hate-Us-Low-Back-Babydoll-Stripe-Dress.jpg

夏になると、二の腕(ふり袖)ヤダな~と

気になりますよね~

たるみを無くすには、鍛えるのが1番なのですが、

多くの女性は、ガッチリした腕にはならずに、

ほっそりとしていて、たるみの無い腕に憧れているのですよね

そうなると、鍛え方も選ぶ方が良いのです。

女性で多い姿勢が、肩、腕が内側にむいて、

肩甲骨も前傾になっていて、

背中が丸くなっているパターンです。

そのままの状態で、腕のトレーニングを一生懸命しても、

なかなか結果に繋がらないケースがあるのです。

腕の位置も整えるように鍛えていくのがポイントとなります。

背骨、肩甲骨とが、二の腕と関係があるように

思えないかもしれませんが…


背骨、肩甲骨、腕関節の連動した動きを見てみると

各関節の柔軟が必要となるのです。

なので、二の腕のたるみを無くして引締めたい場合は、

その点を視野に鍛えていきます!

体験レッスンやっております。

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio Bonita Junko



美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_373832386.jpg

女性の気になるパーツの上位のお尻!

たるんだお尻を引締めたい。

ヒップアップしたい。

というのが、多い要望かと

長時間のデスクワークで、お尻や太もも裏側、内側の筋肉が弱くなってくると、

お尻がたるみ、形が崩れます

お尻の筋肉を鍛えなくちゃ、たるみは防げないのです。

そこで、お尻づくりを進める時に、

どこをメインに効かせているかを意識するのも大事となります。


ある研究データーが面白くて読んでいたら、

股関節外転に働く筋肉について書いてありました。

股関節外転筋肉の主動筋は中殿筋、小殿筋で、

股関節伸展位では外転の働きが高いのだけれど、

股関節90度での外転の働きは大殿筋下部繊維が高いということでした。

この時に中殿筋は働きが弱くなるようです…

大殿筋は、股関節伸展の主動筋ですが、上部繊維が伸展の働きが高いのです。

なので、お尻を引締めて引き上げるには、大殿筋の上部繊維、下部繊維の

それぞれの働きが高く出るエクササイズをすると良いのです


体験レッスンしております。

RRR+Bonita整える大人女性の美ボディメイクトレーニング

Body make studio bonita Junko




IMG_6390.jpg
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
整える大人女性の美ボディメイクトレーニングでスタイルアップ

shutterstock_101080408.jpg

毎日暑いですね~

熱中症で倒れておられる方も増えてますね。

熱中症対策に、水分と塩分をしっかり摂りましょうとTVでも言われていますが、

実は、熱中症は『栄養不足』から起こるようです。

人は汗をかいて、蒸発する時に熱を奪って体温をコントロールしていますが、

汗をかいている時は、水分だけでなく、血液中の栄養も一緒に漏れ出てしまうそうです。

汗をかく分、栄養が奪われてしまうので、毎食しっかりと栄養を摂ることが大事なのです。

食欲が落ちやすい夏こそ、栄養バランスの良い食事を摂るように、気を付けないといけないですね。

とはいうものの、身体が1日に必要な栄養をしっかり摂るのは、難しいですよね。

こどもやお年寄りは特に注意が必要だと思います


不足しがちなビタミン・ミネラルを手軽に摂れるように、

両親には、総合体力研究所さんの20種類のビタミン・ミネラルが入っている

粉末を飲むように渡しています。


IMG_2363 (1)

出かける時に、携帯しておくと、スポーツドリンクに混ぜて飲むことも

出来るので便利なのです。

(粉末にはナトリウム、カリウムが入っていないので、スポーツドリンクと混ぜるとGood!)

ボディメイクは栄養もとても大事ですからね。

RRR+Bonitaの整える大人女性の美ボディメイクトレーニング


Body make studio Bonita Junko







// ホーム // 次のページ >>