FC2ブログ
いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介
プロフィール

Junko

Author:Junko
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪ Junko 43

最近の記事
RSSフィード
リンク
美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_129051215.jpg

今日は前回の続きで、お尻の下ラインを整える方法です。

ブラジャーの紹介で、寄せてあげる!”て、ありますよね

お尻づくりも、そのような感じなのです

股関節と骨盤にくっついてるインナーマッスルを強化して【寄せる

骨盤の上部と太ももの骨にくっついてるアウターマッスルを強化して【上げる

お尻づくりは、両方のバランスが大事となります。



お尻と太ももをバランスよく引き締めるには、太もも裏の筋肉の強化も大事となります。

股関節の伸展や膝関節の屈曲に関わる筋肉で、お尻の筋肉と共に鍛えておきたい筋肉です。

冬の間にコツコツお尻づくりを進めましょう!

Body make studio Bonita Junko

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム Junko



美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!

shutterstock_129051215.jpg

夏も終わり、美尻メイクの熱も少しさめたような感じですね

でも、お尻づくりは冬の間に頑張っておくのがよいと思います。

薄着になって、あっ!と思って慌ててがんばっても、日頃からエクササイズをしていない方では、

1、2ヶ月で劇的変化は難しいので、コツコツ冬の間につくるのがおすすめです

年齢にもよるので、お若い方なら1,2ヶ月でも可能性大かと思います。

ついつい自分の年齢で考えてしまうので…スミマセン(笑)

ヒップアップで大事となるのが、

骨盤をギュッと引き上げる筋肉の強化となります。

これは、よく言われる大殿筋では無い筋肉です。

ヒップアップで鍛えたい筋肉の代表的筋肉は、大殿筋となりますが、

腰とお尻のカーブが無いと引き上がらないので、骨盤を引締めて上げることが必須となります。

absque02.jpg
多裂筋という筋肉です。

腰と骨盤(仙骨と左右の寛骨)にくっついています。

この筋肉は、骨盤、腰の安定に働く筋肉で、綺麗な姿勢を保つにも重要な筋肉となります。

骨盤の位置を整えながら大殿筋をしっかりと鍛えると、お尻がギュッと引き上がっていきます。

どちらもが大事となります。

外国人の方でお尻がペッタンコーの人は少ないよなーと思われている方も

おられると思います。

それには、理由があります。骨格の形に違いがあるからです。

お尻のプリッとした外国人女性と、日本人女性の仙骨の角度は10~15度の差があるといわれています。

更に、筋肉量が倍以上ちがう人もいますから…

日本人で魅力的なお尻をつくるには、外国の女性より努力が必要となりますね

コツコツお尻づくりをつづけることが大事なのです~みなさん頑張りましょう!


お尻の下(太ももとお尻下のライン)が気になる方も多いと思います。

こちらについては、次回に書きますね

お尻づくり体験レッスンしております。

Body make studio Bonita

RRR美姿勢美脚スペシャリストチーム Junko Takano


美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです。
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_90486544.jpg

前回は、綺麗な姿勢をつくるには、胸椎(肋骨とくっついてる部分)1つ1つの可動性と安定力が大事とお伝えしました。

今回は、更に、バストアップしたデコルテラインで、綺麗な姿勢をつくるための内容をお伝えします。

胸椎と肋骨を結ぶ筋肉があります↓

rokkotsu 2

猫背姿勢で背中を丸くしていると、この筋肉達は、長く弱くなってしまいます。

長期間続けば、綺麗な姿勢をどんどん保てなくなって、胸を引き上げることが出来なくなっていくケースも多いです。

胸郭を引き上げる筋肉で大事な筋肉です。

肋堆関節の可動性を引き出して、筋肉を強化、弾力を取り戻す必要がある大事な部分となります。


そして、↓背中の深い部分にある上後鋸筋、下後鋸筋も、肋骨の安定に働いているそうです。

呼吸の補助筋として、働くと言われている筋肉達です。
shutterstock_293548481-e1527260304931.jpg

綺麗なデコルテライン、バストアップした姿勢をつくるには、この深い部分にある筋肉の働きを

高めるエクササイズが必要となります。

姿勢、デコルテ、バストラインが気になる方、体験レッスンしております。

お待ちしております。

Body make studi Bonita Junko

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム



美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーのJunkoです
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート
shutterstock_544643785.jpg

スタイルアップする為には、綺麗な姿勢づくりは重要なポイントですからね!

ボディメイクトレーニングには、外せないエクササイズ内容となります。

胸を張って綺麗な姿勢とつくるには、

なんといっても、背骨のラインが重要となりますね。

背骨1つ1つの動きが柔軟であって、安定力も必要となります

姿勢を維持するのに働くのが脊柱起立筋群ですが、

その中でも、胸椎(背骨と肋骨がくっついている部分)の安定に働く筋肉が大事となりますs。

胸椎の安定に働いてくれるのが、棘間筋 横突間筋 多裂筋 回旋筋 半棘筋 となります。

脊柱起立筋群の中でも深い部分の筋肉です。

TaretsukinBJ.jpg  KaisenkinBJ.jpg

こんな感じで背骨の関節1つ1つにくっついてます。

この筋肉達の働きが悪くなると、綺麗な姿勢を維持できなくなったり、ゆがみが起こったりと、

見た目や機能面の両方に影響が出てしまいます。


この深い部分にある筋肉を強化するには、関節1つ1つがちゃんと動いているかが大事なのです。

なので、筋収縮のエクササイズの前に、感覚的な刺激を入れてあげることも必要となり、大事と思われます。

例えば、お家でするなら、

仰向けにねて、背骨を下から順番に、1つ1つ動かすように、お尻を浮かして、背骨を反らしていきます。

今度は、背骨の上から順番に、背骨1つ1つを丸めるように、元の位置に戻ります。

この動きを、繰り返し行います。左右差や同時に動いている個所などを、意識しながら繰り返します。

その時の触感を効果的にするために、Bonitaでは、CradleとLipsを使っています。

皮膚に当たる感覚がとても伝わりやすく、繰り返し行うことで、感覚が鋭くなっていきます。

しっかりと可動性を高めながら、収縮系の脊柱トレーニングをすると良いかと思います。

姿勢を美しく!それがスタイルアップには重要です。

Body make studio Bonita Junko

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム








美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーJunkoです
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_360928592.jpg

もうずぐ12月ですね

そろそろ忘年会、クリスマス、年末年始の予定を立てておられる方も多いと思います。

食べる、飲む機会が増えますからね~

体型維持には気を付けたいところですね

忙しくバタバタする時期ですが、

これだけは、やっておきたいエクササイズがあります!

綺麗な姿勢を維持スタイル維持なので、

腹筋の強化

脊柱起立筋の強化

ローテータカフの強化

この3つはコツコツ続けておきたいですね!

腹筋エクササイズは多めに!ぽっこりお腹の解消と、くびれの維持には必須です

脊柱起立筋の深層部部の強化は綺麗な姿勢を保つ為に必須です。

腕の位置が悪くなると、二の腕、背中上部のたるみの原因になります。

冬の間は、寒くて猫背姿勢になりやすいので、スタイルを崩しやすい時期とも言えます。


お正月明けに慌てないように、今から少しずつでも、お家エクササイズしてみてくださいね。

体験レッスンでも、姿勢&スタイルアップの為に、やっておきたい3つのエクササイズ

お伝えしますので、お気軽にお尋ねくださいませ。

Body make studio BonitaJunko Takano

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチーム

// ホーム // 次のページ >>