いくつになっても綺麗で活き活きしたい女性のために、必須エクササイズをご紹介



プロフィール

Junko Sato

Author:Junko Sato
いくつになってもオシャレをしたいけど、歳と共に体型が崩れて、着たいお洋服が着られなくなってしまうなんて…悲しすぎます。でも、食事制限や激しいトレーニングは逆効果になってしまうことも…健康と綺麗を目指す女性のための必須エクササイズと食事をお伝えしてます。

kyoto Bonita♪JunkoSato Around40



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



太ももとお尻の境目&ヒップアップ(^^♪
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_208850587.jpg

太ももとお尻の境目が気になる。
お尻が下がっているのがイヤだな~。
など、気にされている女性も多いと思います。

トレーニングの中でも特に骨格メイクが必須となります。
骨格メイクは、骨格を正しい位置に整えるエクササイズで、
普段の動作の癖などで起こる骨盤のゆがみ、猫背などを可動性を引き出すと共に、
インナーマッスルを強化して、正しいラインへと整えます。

この整えるための筋肉が、太ももとお尻の境目をつくり、お尻を引き上げてくれます。

そこからアウターマッスルも鍛えて、引き締まった太ももとお尻をつくります。


本日も、太ももの横張を気にされていたAさまから、

スーツのパンツを履いたら、太もも細くなってました

と嬉しいご報告がありました

お家でも、お伝えしているエクササイズをされているので、効果がバッチリ出ているのだと思います。

 体験レッスンもしております。 ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト Junko Sato

烏丸御池 Bonita






スポンサーサイト

太もも横のでっぱりは股関節を支える筋肉の使い方を変える!です。
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

shutterstock_102206881 (1)
太ももの横のでっぱりで、ボトムを履く時に引っかかってしまったり、似合わない…
など、骨盤・股関節周辺を気にされている方も多いかと思います。

元々の骨格の形状の影響もありますが、
多くの場合、筋肉の使い方の影響が考えられます。

太ももの横の出っ張りの多くは、股関節を支えるための筋肉の弱化で起こります。
アウターマッスルが変わりに支えることで、筋肉が発達して太くなってしまうことが多いのです。

こういった場合に、脚を引締めるのにスクワットエクササイズだけをやってしまわないように
注意が必要です。

弱い筋肉が使える状態になってからでないと、また太もも横のはり出しがきつくなってしまうことも

あるからです

さらに、股関節を良い位置にはめ込むようなエクササイズも必要となります。

最近の情報では、
四つ這い位の股関節90度で外転させる動きで、大殿筋下部繊維が鍛えられるとのことです。

最近は、お尻づくりにこれらのエクササイズを入れております。

体験レッスンでもお尻づくりのポイントお伝えしますね
ご連絡お待ちしております。

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池Bonita Junko Sato





ゆりちゃんが東京大会優勝!!
美ボディっメイクパーソナルトレーナ里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

30日に開催されました、Best Body Japan東京大会で

Bonitaに通ってくれている、なかじまゆりちゃんがみごとレディースクラスで優勝しました

右側がレディースクラス(30代)で優勝したゆりちゃんです
左側がガールズクラス(20代)で優勝した女の子です
IMG_9943.jpg

元々、バレーの講師、ヨガのインストラクターをしてはるので、筋肉の弾力、柔軟はあり、
筋肉への伝達も速く、思った以上に速い変化が現れました。

細く綺麗な脚は鍛え過ぎず、そのまま維持するようにお尻を引き上げるエクササイズをメインに行いました。

肩の盛り上がりが気になったので、ヨガでの使い方を注意してもらい、
弱い側の筋肉の強化を行いました。

体型分類的に、くびれが出来にくいタイプということもありましたが、
胸郭アライメントを整え、引き上げることと、下部肋骨を引締める腹斜筋群の強化を
頑張ってもらいました。

初めて“くびれ”が出来たと喜んでました(笑)

デコルテラインが思うように開いていないことは、ご本人も自覚されていたのですが、
そこは胸椎上部の可動性を高めたことで、すっと綺麗なデコルテラインとなりました。

骨盤、胸郭共に小さい分、お尻に少しボリュームを付け、胸郭を引き上げて、
デコルテが開いた分、すこし上半身のボリュームが出て、美しいバランスへと変わりました。

このような感じでボディメイクトレーニングを行いました

私自身、このような大会の内容をあまり良く分かっていませんでしたが、

お互いの、美的価値観が合い、体脂肪を落とし過ぎず、筋肉を付けすぎず、女性らしいラインで、

しなやかに動ける身体づくりにしました。


私はいつも、女性の身体の本質を考えてトレーニングをしております。
なので、ゆりちゃんの優勝は、ボディメイクパーソナルトレーナーとして、
とても嬉しいです。。

ゆりちゃんのヨガスタジオは大丸すぐ近くです!

Sunny Studio さんです!

やはり、女性は美しい姿勢が最も重要かと思います。

スタイルアップトレーニングの体験レッスンやってます!

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

BonitaJunko Sato
FullSizeRender (39)
トレーナーなので、軽くは腹筋にラインを入れております(笑)











くびれ・引き締まったウエストのつくり方
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

w621_largej.jpg

くびれづくりにトレーニングをするのが流行っているようですね。
モデルさんや女優さんがトレーニングしているのを見て、チャレンジしている女性も多いと思います。

影響力が大きいですね
筋トレを取り入れたボディメイクはとても良いことだと思うので、ジャンジャン頑張っていきましょう

くびれは腹筋エクササイズ無しにはつくれませんが、それと同じくらいに大事なことがあります!

それは、胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の可動性です!

普段の生活でエクササイズやストレッチなどもせずに、
デスクワークで腰、背中を丸めている時間が長いといった場合などでは、

筋肉が衰えているだけでなく、骨格ラインが崩れ、関節が硬くなっていることが殆どです
そうなると、くびれの角度や高さが十分に出ません。。

そこで大事なのが、背骨、肋骨の柔軟性です

胸郭のアライメントを整えるエクササイズが必須となります。

肋骨は、息を吸った時に胸から上は上方回旋(胸が引き上がる動き)します。
胸より下は、横に広がる動きをします。

くびれは、引き上がった状態で下部を閉じる筋肉を鍛えることがポイントの1つとなります

そして、いつも綺麗な姿勢を維持することも重要となります。
筋肉の長さを良い状態に保つためです

他にもくびれづくりには、大事なポイントがありますが、また次回ご紹介しますね

FullSizeRender (40)
アラフォーがんばっております(笑)

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト

烏丸御池 Bonita Junko Sato


美姿勢・スタイルアップに欠かせない関節の柔軟
美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です
スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート

FullSizeRender (30)
今年も参加してきました

東京ビッグサイトで開催されているスポルテックで、コア・クレードルとアクシスフォーマーの
デモンストレーションをしてきました!
3日間開催されますが、今年は1日だけ参加してきました。

IMG_9641.jpg


IMG_9633.jpg
昨年と違って、個別対応がほとんど無かった分、周りの展示も見ることが出来ました。
RRRメンバーと久しぶりに合えて楽しかったです

そっそして
ずっとやってみたいと思っていた、ボルダリングの体験をしてきました。
IMG_9637.jpg

めっちゃ面白かったです
無になれますよ

また、近くで探して行こうと思います。
はまりそう…

メンバーには、休憩時間にボルダリング?
元気だね~て笑われましたが…

今日は、右腕の三角筋中部に筋肉痛が来てます(笑)
やっぱり腕の筋肉使いますね。。
特に、利腕をよく使っていた気がします。