fc2ブログ
練馬区大泉学園で女性限定出張パーソナルトレーニング!女性のための美ボディメイク
プロフィール

JunkoTakahashi

Author:JunkoTakahashi
京都烏丸で16年間、多くの女性に美ボディメイクパーソナルトレーニングを行ってきました。現在は、練馬区大泉学園エリアを中心に出張パーソナルトレーニングと京都の方を中心にオンラインレッスンを行っております。16年間で得た知識と経験とでお家エクササイズの効果をグンと上げる方法をBlogでも紹介しております。
いくつになってもおしゃれを楽しみたい女性に必要なのは美しい姿勢を保つための筋肉強化です。年齢とともに衰える筋肉をしっかり強化していきましょう!

美ボディメイクパーソナルトレーナー Junko Takahashi49歳

最近の記事
RSSフィード
リンク
こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

身体の歪みを整えて、美姿勢&スタイルアップ

shutterstock_275741552.jpg

身体の歪みを整えて、キレイな姿勢でスタイルアップするには、

骨格を整える調整エクササイズが必要

各パーツを引締めるエクササイズが必要

で、体重を減らしたい場合は、食事コントロールと

脂肪燃焼のための有酸素運動が必要になります。

どれをメインに行うかは人それぞれだと思いますが、

私は、全部をバランス良く行うことが大事かなと思っております。

有酸素運動はウォーキングで行っていますが、

歩く目的は色々あって

★姿勢を維持するための姿勢維持筋力アップ

★気分転換のためののんびりお散歩

★脂肪燃焼のための強度重視のウォーキング

といった感じで歩くことを楽しんでおります。


脂肪燃焼のために歩く時は、スピードを上げないといけないので、

のんびりした気持ちでは歩けません。なので目的別にしているというわけです

前半は脂肪燃焼、後半は姿勢を意識するとか、時間で変えるのも良いと思います。


ウォーキングを始める前に気になるのが、

歩くスピードだと思います。

脂肪燃焼が効率的に行える速さがあるのですが、

どの位かというと、軽く息が上がる感じだけど、喋れるくらい…

ちょっとしんどい速歩きといった感じです。


自分に合った効率的な脂肪燃焼のためのウォーキングスピードの計算方法があるんで、

計算してみると分かりやすいです。

カルボーネン法といいます。

(220ー年齢)ー安静時心拍数×運動強度(%)+安静時心拍数

で計算することが出来ます。

脂肪燃焼を効率的に行うためのウォーキング運動強度

最大心拍数の40%~60%が望ましいとされているので、

歩くのに自信がある方なら60%で

普段から活動的な方なら50%で

運動不足を感じる方なら40%で

計算するとよいかと思います。

ちなみには私は49歳、安静時心拍数70で運動強度50%で計算してみると

心拍数120.5となります。

これを保った速さで歩くと、蓄えられている脂肪が効率よく燃焼されます。

なので心拍数110~130ぐらいの間で歩くようにしています。

体感的には、ちょっとしんどいな~と感じる速さです。

オンラインパーソナルトレーニングを行っております。


Instagramでエクササイズの紹介もしております。junkotakahashi308

お家エクササイズに取り入れてみてくださいませ

HP Bonita junkotakahashi

こんにちは。ボディメイクパーソナルトレーナJunko Takahashiです

身体の歪みを整えて美姿勢&スタイルアップ

shutterstock_70247515.jpg

体形維持にウォーキングはとうても効果的だと思います。

脂肪燃焼、むくみの解消、姿勢維持、体力アップ、リフレッシュ効果など

いいこといっぱいです。

もちろん、関節の可動性を高めて歩くことをおすすめします

関節の可動域が低下した状態では、

太もも引き締め、ヒップアップ、ウエストシェイプ、背中引き締め効果が

思うほど期待できないからです。

正しく歩けば、脚のラインも変わってきます。


私は、歩くのがとても好きです。

1時間半ほど歩くと、お尻が疲れてくるのですが、

ガツガツ鍛えずにお尻をキープするのにも

とておも効果的だと思います。

血流もリンパの流れも良くなるので、

脚のむくみも無くなり、

歩いた次の日は、脚が細くなっています。

日ごろ、むくみや冷えを全く感じませんが、

それでも、多少はむくんでいるのだなーと思います。

その状態を放置していると、

やっぱり、脂肪が蓄積して脚太りの原因となるのではないかと思います。

それから、ウォーキングは腸の働きも活発にしてくれるそうなので

便秘がちの方にも良いと思います。

健康と体系維持にぜひウォーキングをされてみてください。

歩いてどこかが痛かったりしたら、

関節の可動域が狭くなっていたり、

連動できていないなど

どこかにちょっと問題があるかもしれないですね。

その時は、関節の可動域を高めるエクササイズを取り入れて

骨格ラインを整えましょう。



歩く時は、スニーカーで歩いてくださいね。


↓写真は、お客さんのお宅へ出張セッションに行くときに

通る道です。

長い階段を上って行くのですが、

いい運動になります。

夏はちょっとキツイけど…


IMG_6938.jpg

アラフォーからのボディメイクは、

1週間の中にエクササイズやウォーキングなどを上手く取り入れることが

大事だと思います。

激しいトレーニングでなくてもいいと思います。

少しの時間でも自分の身体と向き合ってみるのはどうでしょうか

Instagram junkotakahashi308でエクササイズを紹介しています。

大泉学園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインでパーソナルトレーニングも行っております。

HPBonita Junko Takahashi

ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです。

身体のゆがみを整えて美姿勢&スタイルアップ

shutterstock_59836255.jpg

骨盤のゆがみ、胸郭のゆがみなど、

身体にゆがみがあると、スタイルを悪くみせてしまうと、

いつもお伝えしていますが、

40代以降になると、標準体重なのに

太って見える方が多くなってくるのは、

姿勢を維持する筋力が落ちて、

緩んだ状態になっていることが原因になっています。

例えば、背中が広く見えて、厚みやたるみが気になる方は、

胸郭が前方回旋して肩甲骨が前傾、外転、下制していることが

多いです。

簡単に言うと、猫背姿勢で,肩が内巻き

背中側の筋肉が伸びて緩んだ状態、

前側は縮んで固くなっている状態、

さらに、関節の可動域は低下して

なかなか良い位置に骨格を戻せない。

年齢とともに筋肉は衰え、重力に対抗できなくなってくるから

ますます体形が崩れていく。

といった流れです。

それをくい止めるには、

骨格ラインを整えていい姿勢を維持できる筋肉をつけることです。

ガツガツ鍛えるのではなく、整えるエクササイズを行うことが大事です。

すごく体重がある場合は、食事の面のアプローチが優先となりますが、

標準体重であれば、各パーツを整えるエクササイズで、スタイルが

各段に変わってきます。

インスタグラムに優しいエクササイズをアップしていますので、

お家エクササイズに取り入れていただけたらと思います。

Instagram junkotakahashi308で検索してみてください。

大泉学園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。


HP Bonita Junko Takahashi







ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

身体のゆがみを整え 美姿勢&スタイルアップ!

shutterstock_154638926.jpg



懐かしい記事を見つけました(笑)

6,7年前に記事の依頼を受けて載せていたものです。

美Lab←こちらのサイトでエクササイズを紹介していました。

自分で書いておきながら、読み返すと内容が薄い(笑)

エクササイズを始めるきっかけになるような

内容の紹介だったので薄いのはしかたないのですが、

他にも、JIJICOなどいくつかエクササイズの紹介をさせていただきました。

今は、同じエクササイズであっても、動きだけの紹介ではなく、

それを選んだ理由や目的を

自分で明確にできるようにしております。

身体のゆがみは人それぞれなので、

これだけでOK!といったエクササイズは無いと思います。

人によってエクササイズの組み合わせは変わりますが、

優しいエクササイズで身体は変わる!

という内容をInstagramで紹介しています。

よかったら見てください。

Instagram junkotakahashi308

大泉学園エリアで出張パーソナルトレーニングを行っております。

オンラインパーソナルトレーニングも行っております。


HP Bonita Junko Takahashi








ボディメイクパーソナルトレーナーJunko Takahashiです

美姿勢でこりや痛みの予防&スタイルアップ!



shutterstock_359471711.jpg

ヒップアップには、

仙骨の前傾と腸骨(寛骨)が閉じる(インフレア)位置に骨盤を整え(赤矢印)

そしてお尻の筋肉を鍛えるといいのですが、

kotsubann.jpg


仙骨の前傾は、背中が丸いままだと

なかなかすんなりと上がってくれないので、

胸郭を整えることが重要となります。

胸郭②

背骨、肋骨、胸骨を合わせて胸郭と呼びます。

背中を丸く猫背姿勢になっていると、

背骨が丸まり(屈曲)肋骨が下制(前方回旋)しています。

この状態で、仙骨を前傾にするのは、う~ん無理があります。

お尻を突き出した姿勢になってしまいます。


胸郭をいい位置に整えると、仙骨は前傾しやすくなります。

骨盤のゆがみがある場合は、そちらも整える必要がありますが、

骨盤が整ったら、安定させる筋肉(多裂筋)を強化します。

腰からお尻のカーブがつくられます。

そして必要に応じて、お尻の筋肉を鍛えます。

お尻の筋肉を鍛える時は、股関節の可動域も大事となります。

股関節屈曲時に詰まった感じがするなど、股関節の動きが悪い場合は

その詰まり感を柔軟にして、お尻の筋肉を鍛えます。

関節の可動性がしっかりあれば、優しいエクササイズでヒップアップも可能です!


猫背姿勢になっていると、ヒップアップは遠くなる!ということです。

全身の姿勢調整が、スタイルアップの近道となるのですね!

で!胸郭を整えるにはどうするかですが、

背骨の柔軟性アップから始めることが大事です。

背骨(胸椎)の伸展が起こらないと、肋骨の動きも

肩甲骨の動きも十分に起こらないからです。

Instagramに背骨の柔軟を紹介していますので

見てください!

なるべく、どこを意識するか、なぜそれをするかについて

書くようにしています!

junkotakahashi308です。

読んでもらえたら嬉しいです

出張パーソナルトレーニング

オンラインパーソナルトレーニングを行っております。

HP Bonita Junko Takahashi

rfca re・Frame Conditionig Academyのメソッドをお伝えしております。

// ホーム // 次のページ >>